賃貸住宅を簡単にスマートホーム化するIoTソリューション|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

賃貸住宅を簡単にスマートホーム化するIoTソリューション|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

IoTブームに乗って、身の回りのあらゆるものがスマート化していますが、このほど賃貸住宅を提供している不動産オーナーや賃貸不動産管理会社向けに、手軽に賃貸住宅をスマートハウス化できるソリューションがお目見えしました。

サービスの提供を行うのは、アプリではじめるアパート経営「TATERU(タテル)」の開発・運営を行ってきた株式会社インベスターズクラウド(本社:東京都港区)の開発子会社、株式会社RobotHome(以下、ロボットホーム)です。このロボットホームが手軽にIoTの賃貸住宅を提供できる「賃貸住宅キット」の販売およびOEM提供を開始しました。

賃貸住宅をスマートハウス化する「賃貸住宅キット」概念図
賃貸住宅をスマートハウス化する「賃貸住宅キット」概念図

誰でも手軽にIoTの賃貸住宅を提供できるIoTサービスという、この「賃貸住宅キット」を活用することにより、入居される方は生活の利便性と安全性を高めることができます。
窓などの開閉や揺れを感知してスマートフォンに通知するウインドウセキュリティや、IR(赤外線通信)を活用したネイチャーセンサーリモートコントローラー、
外出先でも受話応答が可能なドアホン(これはオプション)などがパッケージされ、簡単に賃貸住宅のIoT化を推進できます。

室内にはタブレット型ゲートウェイであるセントラルコントローラーが設置され、これにより各種IoT機器の操作だけでなく、
ロボットコンシェルジュによる水漏れなどのトラブルや退居時の連絡など、入居者の毎日の生活をサポートしてくれるそうです。

タブレット型ゲートウェイ
タブレット型ゲートウェイ
ウィンドウセキュリティセンサー
ウィンドウセキュリティセンサー
住居内の環境状態を取得し、機器等のコントロールも行うナチュラルセンサーリモートコントローラー
住居内の環境状態を取得し、機器等のコントロールも行うナチュラルセンサーリモートコントローラー
オプションのドアホン&ドア遠隔ロック
オプションのドアホン&ドア遠隔ロック
入居者とのコミュニケーションもとれるロボットコンシェルジュ
入居者とのコミュニケーションもとれるロボットコンシェルジュ

また、賃貸経営を行うオーナーに対しては、IoTを活用して「空室状況」、「内見状況」の把握、空室時の「セキュリティ対策」なども可能のようです。
導入費用は初期費用が1室80,000円、月額利用料が1室1,000円から。
まあ、敷金や賃料に上乗せされることになるのででしょうが、他の賃貸物件と比較して入居者を惹きつける大きなポイントになるのでしょうね。

ロボットホーム:https://www.robothome.co.jp/

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします

Twitter で

木暮祐一のぶらり携帯散歩道カテゴリの最新記事