「スマート」「IoT」にこだわらない、シャオミの新たな製品展開| 山根康宏のワールドモバイルレポート

「スマート」「IoT」にこだわらない、シャオミの新たな製品展開| 山根康宏のワールドモバイルレポート

新興スマートフォンメーカーのシャオミに勢いが戻ってきた。IDCの調査によると、2017年第4四半期の中国国内のスマートフォン販売数は、1位ファーウェイが2430万台、2位OPPOが2000万台、3位VIVOの1890万台に次ぐ4位につけたのがシャオミの1590万台だった。ちなみにアップルは1490万台で5位だ。

好調なシャオミをけん引するのは、もはや毎月のように発表される新型スマートフォンだけではない。気が付けば100を超えるアイテム数を誇る、アクセサリやIoT製品の豊富なラインナップが消費者の目をシャオミに惹きつけている。シャオミの店に行けばスマートフォンと組み合わせて使うことのできる多数のIoT製品が販売されているのだ。

スマートフォン以外の製品も数多く販売するシャオミの店
スマートフォン以外の製品も数多く販売するシャオミの店

日本の元サンヨーの開発者も加わったスマート炊飯器や、空気汚染のひどい中国の国内事情にマッチしたスマートな空気清浄機、手軽に家電をコントロールできるスマートコンセントなどのスマートホーム製品、そしてシャオミが出資しているナインボット製の立ち乗りスクーターなど、シャオミの店は訪れるだけでも楽しい製品が多数揃っている。そしてそれらの製品はスマートフォンのアプリでコントロールが可能だ。

最近のシャオミの店舗は明るく広い空間を採用しており、まるでアップルストアのようにも見える。しかしiPhoneやiPad、Macを中心に展示しているアップルストアとは異なり、シャオミの店ではIoT製品も所狭しと展示されている。アップルはアクセサリ類は他社製品を積極的に扱っているが、シャオミは自社製品だけでも豊富なラインナップを誇っており、ごく一部を除いて自社製品や協力会社の製品だけを扱っている。

しかも最近では、スマートフォンからコントロールできない、単純な家電製品なども製品ラインナップに加えている。もはやシャオミはスマートフォンを中心としたエコシステムではなく、シャオミのブランドそのものを消費者にアピールしているのだ。

電源タップや乾電池などは、それでもまだITに関係ある製品だ。どちらもスマートフォンから何かできる製品ではない。またつい最近発売された精密ドライバーセットは、100円ショップに売られるような製品とは異なり、ドイツの工具メーカー製でデザインもよい。シャオミの店に立ち寄ったら、ついつい買ってしまいそうな製品だ。

シャオミが出した精密ドライバー。ちょっとほしくなる
シャオミが出した精密ドライバー。ちょっとほしくなる

一方で「8H」ブランドのソファーやベッド、枕などは完全に生活用品として販売されている。シャオミの店はいまや男性がスマートフォンを買い求めに来るのではなく、家族と遊びに来たり、彼女とデートで立ち寄れる、そんなおしゃれな雰囲気の店づくりをしている。女性が立ち寄っても楽しめる、そんな雰囲気を出しているのだ。

鍋やフライパンなども扱っているのは驚きだが、シャオミの店で扱うからこそ売れる製品なのだろう。これらの製品は、もはやブランド抜きにして安ければ売れるものが大半だ。しかしシャオミの店で売ることで、信頼性ある製品と認知され、多少高くとも来客は納得して買っていく。スマートフォンでコントロールできる電磁調理器などとセットで購入する客もいるだろう。

なんと普通の鍋やフライパンなど、調理機器まで売っている
なんと普通の鍋やフライパンなど、調理機器まで売っている

シャオミがスマート家電などのIoT製品を扱い始めた頃は、スマートフォンメーカーから総合的なIoT製品企業への転換を図ろうとしていた。しかし今のシャオミの全製品を見るとIoTというジャンルには全くこだわっていない。シャオミはいまや、消費者の生活全般をサポートする、ライフスタイル提案型の企業へと変革を遂げたと言える。

今では服飾にも手を出しているシャオミ。今後新たな商品展開が考えられるとしたら、有望なものは食品だろうか。生活になくてはならないものの筆頭が食品だからだ。そう考えると次のスマート家電は冷蔵庫だろうか、などという推測もできる。それは将来のドローンを使った食品配達など、新たなサービス展開も視野に入れることもできる。

スマートフォン販売で成長したシャオミに限界が来るのは時間の問題だった。脱・スマートフォン依存を図った目的は苦肉の策だったかもしれないが、今の展開を見る限り製品ラインナップの拡張はうまくいっているようだ。いずれはスマートフォンを扱わない、家具やライフスタイル製品だけを扱うシャオミの店も展開されるだろう。アップルとは違う方向で、消費者の生活の中に入り込むことをシャオミは狙っているのである。

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします

Twitter で

山根康宏のワールドモバイルレポートカテゴリの最新記事