浅井企画ゲーム部のスマホゲーム紹介:第3回「若手芸人が人間ボウリングをやってみた!」

浅井企画ゲーム部のスマホゲーム紹介:第3回「若手芸人が人間ボウリングをやってみた!」

もりせいじゅ
どうも初めまして。浅井企画ゲーム部所属、若手芸人のもりせいじゅと申します。
普段は足もとにお箸を落として「あしもっと~におてもっと~」と言うことを生業としている者でございますが、今回はスマッホーアプリの『人間ボウリング』というゲームをレッツプレイさせていただきました。

ボウリングゲーム「人間ボウリング」

人間ボウリング? なんだそれ? なんかわからないが芸人の心をくすぐるタイトルだ。
昔のバラエティの企画で見たことあるようなないような、人間が走っていってボウリングのピンをより多く倒した方が勝ち、もしくはボウリングのピン自体が芸人でそこに巨大な鉄球が転がっていき芸人にぶつかり芸人たちが痛いリアクションをしておいしい思いをするやつか? とにかくやってみよう!
そう若干興奮しながら僕はゲームをプレイしました。

思ってたのとちょっと違う!

タキシードを着たジェントルメン、マイク

さっそくスタートするとタキシードを着たジェントルメン? のような人物が現れた。
タキシードを着ているがいかにもザコであろう顔つきと髪型だ。おそらくこのザコそうな人物にボウリングの球をぶつけるサディスティックな展開になるだろう。
僕はこの人物にマイクと勝手に名前をつけた。まずは1-1からスタートだ。

人間ボウリング1-1

色々な人間ボウリングを想像しながらゲームをスタートさせたが予期せぬ画面が目に飛び込んできた。
マイクが両手を広げうつ伏せになった状態、それに少し浮いている、なんだこれは。
よく状況がわからなかったがなぜかマイクが「さあ、俺を投げ飛ばしてくれ」と「考えるな感じろ」と言っている気がした。僕はあまり考えずスワイプして投げ飛ばした。

するとマイクはレーンとの抵抗をほとんど感じさせない滑りで進んで行ってピン1本を倒した。
なんだろうこのちょっとだけ気持ちよかった感じ、なんかあの梱包するときとかに使うプチプチを1ついや、2つ潰したくらいの気持ちよさだ。
またワクワクしてきた次に進もう! 1-2に進んだ。

人間ボウリング1-2

いやピンの位置変わっただけかい!!! あとマイク腕広げてるからさっき変わらず真ん中投げても一緒じゃない?! と思いながらマイクを投げ飛ばした。

やっぱりステージ1と同じ調子で倒せた。これは簡単過ぎるだろ! 次の1-3も同じ調子だった。まじか、僕もナメられたもんだと思っていた。
しかし1-4から様子が変わった。

人間ボウリング1-4

なんと突如ボウリング場にハンマーらしき障害物が現れたのだ。
ほほうやっと骨のある奴が出てきたじゃねーか。だがタイミングさえ掴めばこっちのもんだ。
僕はタイミングをはかりマイクを投げた。

見事にタイミングを間違えた。もしかしたら心のどこかに見えないプレッシャーに緊張していたのかもしれない。
それはそうとこのハンマーに当たってからのマイクがシュール過ぎる。よくネット民が使う「死んだww」がとても似合う光景だ。
僕はもう一度タイミングをはかってチャレンジした。

ハンマーを避けようと左側を狙ったがそのままマイクはガーターに入ってしまった。しかしガーターからはみ出たマイクの右足がピンにちょんっと触れピンはゆっくり倒れた。
そう、ガーターだからといってピンが倒せないわけじゃないのが人間ボウリングなのだ。

人間ボウリング1-6

まだまだ人間ボウリングは奥が深いなと思った。1-5もクリアし、1-6にたどり着いた。

1-6は台の上にあるピンを倒せということらしい。
これはマイクを台にぶつけてその衝撃でピンを倒すのか? いや、それだと1-6にしては簡単すぎる、むしろ一番簡単かもしれない。
しかし僕はマイクを真っ直ぐに飛ばす方法しか知らない。それなら考えずに飛ばすしかない。
そう、考えるな、感じろ!

やはり人間ボウリングは考え過ぎてはダメだ。ただ感覚のままにピンを倒せばいい、人間ボウリングはシンプルだ。
1-6をクリアすると使える新しいキャラが増えたようだ! と案内が出た。さっそく確認してみよう。

通常ボウリング?!

ボウリングのボール

ん? ボール?? 人間ボウリング新キャラは、まさかの通常ボウリングのボールだった!
少し安心した訳ではないがどこか懐かしさもこの新キャラに感じた。
さあここから2-1だ。新キャラも早く使ってみたい! いざ進め!

人間ボウリング2-1

おっと、2-1にしてもう一発くらわされた。ついにボールでもなく、ピンでもない、障害物に人間が使われているではないか。最初と比べるととんでもない逆転現象だ。
ところでこの奥のピンはどうする、そう考えるな!

別にマイクに恨みなどはない、むしろ今まで飛ばされ続けてくれてありがとう。
しかしこのステージはマイクにボールを強くぶつける他なかったんだ、許してくれ。
マイクはボールをぶつけられた衝撃で少し滑った。その勇ましいマイクのおかげでピンを倒すことができた! きっとここからもっと厳しいサディスティックな局面にぶつかろうが、僕とマイクは負けはしない。

人間ボウリング2-2

いやもう人間いないんかい!! 人間ボウリングについに人間がいなくなってしまった。
だがこの2-2が何だかんだで今までで一番難易度が高かったように感じた。
そしてキャラ選択画面でもあったが、この普通のボールはスマホを傾けるとその傾けた方向に曲がる。普通に楽しい。
もう人間ボウリングってことを忘れていた最中…

人間ボウリング2-3

2-3でマイクが戻ってきた! しかしそこには無残なマイクの姿があった。マイクが棒に吊られている。おそらくもともと障害物のハンマーのハンマーの部分を人間にしたということだろう。
もうこの人間ボウリングは何周しているのだろうか? 少し慣れてきて自分が始めの頃よりも状況をのみこむのが早くなっているのがわかる。
そのあとも丁度いい難易度のステージが続き、2-6をクリアするとまた使えるキャラが増えた。

キャサリン

次の新キャラは人間の女性だ。僕はこの人をキャサリンと呼ぼう。
さっそくキャサリンで3-1をプレイしてみた、がなかなか簡単にはクリアはできなさそうなステージが続いた。しかも運が悪いとキャサリンがとても無残な目に合ってしまう。

キャサリン、ごめん、、この後も何度かキャサリンには耐えてもらいながらなんとかクリアした。

人間ボウリング3-5

途中キャラを変えないと絶対クリアできないようなステージも増え、考えるな感じろ! は通じなくなってきた。それにつれさらにゲームに入り込んで行った。
3-6をクリアすると、誰しもが予測していなかった、できなかった最後の新キャラが使えるようになった。

魚

魚だ。軽く使ってみると能力的には他と変わらない、ただただ滑りがいい魚だ。
だが、きっといつか魚じゃないとダメなステージの時が来るだろう。

手こずったステージ

人間ボウリング4-4

なんのリアクション?! 4-4は目潰しされたかのようなリアクションをしている、カッチカチのマイクがレーンのど真ん中にいるステージで、なかなかに手こずった。
カチカチゆえにマイクは人間じゃ通れないのでボールで攻めるが、後ろのピンにはなかなか当たりにくく手こずった。
番外編で結構手の込んだステージだがめちゃくちゃ簡単なのもあった。

後半戦だからって難易度が高いとは限らない! そして僕は人間ボウリングを最後まで楽しんだ。
ちなみに魚じゃないとダメなステージはなかった。

ランキングプレイ

ちなみにこのゲームは倒したピン数でオンラインにランキングが出る、ランキングプレイというゲームモードもあった。

まとめ

ただのボウリングゲーム

投げるものをボールにしたら本当にただのボウリングゲームにもなる。
ぜひみなさんも、人間ボウリングを自分の一番ツボにハマる楽しみ方をしてほしい。

このゲームの評価(10点満点!)

【クリエイティブ度】…8点
【サディスティック度】…10点
【魚使わない度】…10点

ゲーム情報

人間ボウリング

人間ボウリング

Kazutaka Tottori無料posted withアプリーチ

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします

Twitter で

浅井企画ゲーム部のスマホゲーム紹介カテゴリの最新記事