ヘルメットこそ究極のスマートグラスだった│木暮祐一のぶらり携帯散歩道

ヘルメットこそ究極のスマートグラスだった│木暮祐一のぶらり携帯散歩道
ハイテクなガジェットに出会うとガクガクブルブルする筆者ですが、またまた面白そうなスマートガジェットを発見! バイク向けハイテクヘルメットですって。これは、デザインスタジオ「Borderless」が開発したヘルメット「CrossHelmet X1」で、一見ただのヘルメットに見えるのですが、これを被ると360度の視野を得られるのですって。すなわち、ヘルメットの後方に装着されたカメラと、内臓されたHUD(ヘッドアップディスプレイ)によって、前方を向きながらも、視覚となる背後の状況などが視野に映し出されるのです。

CrossHelmet
CrossHelmet

じつは筆者は、これまでGoogle Glassをはじめとして色々なスマートグラスも試してきました。しかし、どのスマートグラスを掛けていても、周囲からは奇異な目で見られるのですよね。しかし、このCrossHelmetであれば、案外周囲には違和感を感じさせずにスマートグラスの活用ができそうですね!(重そうだけど)

そのほかの機能としては、ヘルメットにスピーカが内蔵され、スマホとBluetoothでペアリングの上でミュージック再生が可能のほか、SiriやGoogleアシスタントの活用や、グループ音声チャットなどもできるそうです。ヘルメット側面はタッチパッドになっていて、指でなぞるようにして各種操作が可能。もちろん、ヘルメットとしての安全性については各国の基準に沿ってDOT、ECE、JIS規格の安全基準を満たす製品として開発されています。もちろん動作には電力が必要になるわけですが、ヘルメット内にリチウムセラミックバッテリーが内蔵されています。衝撃とか大丈夫なのか? と思ってしまいますが、メーカーによれば物理的衝撃、穿刺、熱的損傷において、漏れ、煙、火災、爆発などを起こさないと記載されていますね。

スマートフォンと連携した機能も充実しています。特にノイズコントロール機能は特許を取った、オリジナルの機能です。ユーザーはスマートフォンを使い、周波数帯に応じて聞こえる音を調整することができます。ノイズをコントロールできると、ドライバーの疲労を軽減することが可能です。他にも音楽の再生や、通話、目的地に向けた方向表示ができるので、ヘルメットで全てを完結することができます。

ヘルメット着用時の視界のイメージ
ヘルメット着用時の視界のイメージ

この製品、Kickstarterで支援者を募集して開発を進めてきました。2018年12月28日現在で44,543,470円を集めた模様。2017年から開発を進めているようで、2018年10月には海外のKickstarterバッカー向けに一部出荷を開始(DOTバッチ)、日本向けのJIS規格対応品は2019年3月出荷の予定のようです。支援額はヘルメット1個が1,599ドルから。

ちなみにこのCrossHelmet開発の中心となったのは、Borderlessのデザイナー兼CEOの大野新(おおのあらた)氏です。元々自転車やバイクが好きだった大野氏、バイクの免許を取ったときに初めて購入したフルフェイスのヘルメットが圧迫感が凄く、とても重かったことに衝撃を受けたそうです。ヘルメットは60年近く進化を遂げていなかったことから、大野氏は「ヘルメットを変えたら面白いのでは」と思いついたのがCrossHelmetはじまりでした。なんだか、こういう自分の「好き」を追求し続けることに共感しちゃいますよね。私も学生時代に携帯電話と出会って衝撃を受け、コレクションを重ねているうちに気が付けばケータイの専門家(?)になってしまったわけですが。

さて、1月といえば、米国ラスベガスで開催される世界最大級の家電見本市「CES(Consumer Electronics Show)」が開催されますが、このCrossHelmetも出展されるそうで、現物に触れることができるそうです。いいな、CESに行きたい…、けど行けないな。

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします

Twitter で

木暮祐一のぶらり携帯散歩道カテゴリの最新記事