浅井企画ゲーム部のスマホゲーム紹介:第12回「ゾンビが潜む日常は、意外とポップ」

浅井企画ゲーム部のスマホゲーム紹介:第12回「ゾンビが潜む日常は、意外とポップ」

もりせいじゅ

どうも!浅井企画所属のお笑い芸人もりせいじゅです!普段は「足もと~におてもと~」やらせてもらってますが今回も「おてもと~にスマホ~」させて頂きました。

脳トレ系ミニゲーム「ゾンビ探し」

今回は「ゾンビ探し」というアプリをやっていこうと思います。

ゾンビ、そう聞いただけで恐怖。恐怖の権化。きっとたくさんの断末魔や血を見ることになるのだろう…きっと大切な人たちとの悲しい別れがあるのだろう…
嫌だ!そんなの…いやだ。そうか、嫌なら自分がなんとかするしかないんだ!先に元凶となるゾンビを見つけるしかない。

逃げることのできない闘いが始まろうとしていた。(早くやりたい!

ゾンビvs森一等捜査官

ゾンビ探し タイトル画面

アプリを開くとそこには、、

想像してたよりも穏やかな景色だった(思ってたよりポップ!!)
しかし油断してはダメだ。もう一度気持ちを入れ直した。

よく見るとたくさん人の中にゾンビが一人、いや一匹紛れ込んでいる。みんなの命が危ない!
なるほど、このようにゾンビを見つけて駆除、殲滅をする次第か。
ぼくは今からゾンビ対策局 森一等捜査官だ。

最初の現場(ステージ)は「水族館」だ。
なるほど水族館か。こんな楽しげな皆の思い出が詰まった場所をゾンビの好きにはさせない!絶対に見つけてやる!

水族館

ふと、気分が高揚してしまう(BGMかわいいなぁ)。ダメだ!ゾンビ殲滅に集中だ!

この中にゾンビが。ちっ、どこに隠れてる!?やはり人が多くて見つけにくい。
どこだ!どこなんだ!懸命な捜索とは裏腹に時間だけが過ぎていく。
すると、あれ?なんか緑色の人が増えてないか?とアハ体験的な感覚に陥る。

感染率74%

ダメだ!緑色の人が増え過ぎてどれがゾンビなのか区別がつかなくなってくる。
感染率を見ると74パーセント!?BGMも焦らせてくるようにテンポが上がってくる。
もうそんなに!くそっ、でも焦ってはダメだ。冷静に冷静に。しかし時間がない!

ぼくは自分の無力さを恨んだ。昔からそうだ、いつもいざって時に大切な場面から目を背けてきた。
ぼくは弱い人間なんだ。でもこのままみんながゾンビになってしまうのも嫌だ!でもぼくには何もできない。でも、でも、、、、いや、「でも」じゃない!!
結局何も変わろうとしてないんじゃないか?自分が変わろうとしなきゃ変われるはずがない!
この世は奪い奪われる世界、奪われない方法はただ一つ。強くなることだ。

すると心の中のぼくが「そこだ」と言ったように何かを見つけた。右下の方に目をやると何故か妙に隠れようとしている感じがする人物を発見する。右下のスコープ(虫メガネ)で確認する。

タレ目ゾンビ発見

ゾンビだ!!紛れも無い、このタレ目具合は指名手配中のゾンビだ。
まさかこんなにちゃんと隠れてるとは思わなかった!遅れをとったが、
こちら森一等捜査官。右下の辺りのベンチに座る男性の後ろでゾンビを発見。対処にあたります。ぼくはそのゾンビを撃退(タップ)した。

正解

ゾンビの対処完了。撃退致しました。(正解よっしゃーー!!

しかし、喜んではダメだ。感染率は90パーセントを超えてしまっていた。仮に100人いたら90人以上は犠牲になってしまったことになる。ぼくは人々を守りきれなかったのか。しかしあの頃の自分より前に進めてるはず。今度こそもっと早く見つけてやる!
森一等捜査官はこの功績が認められ、上等捜査官へ昇進する。

次の現場(ステージ)は「学校」だ。
まずは辺りを見渡す、すると通称タレ目のゾンビを発見。対処にあたる。

感染率16%、対処完了

対処完了。撃退致しました。(見つけるの早くね!?)
感染率16パーセント、習うより慣れろとはこのことだ。確実に正確にそして迅速にゾンビを見極めることができるようになっていた。ここから怒涛の殲滅作戦が始まる。
次々とゾンビを撃退し最終局面に。

最終ステージ

さすが最終ステージだけある、なかなか難しい現場だった。しかし百戦錬磨の森上等捜査官にとっては他と変わらない。その研ぎ澄まされた直感と鋭い目で見事ゾンビを発見、撃退した。この功績が認められ森上等捜査官は准特等捜査官へと昇進した。

しかしこれで終わったわけではない。まだいつ世界の危機が来るやもしれない。
そのために準備をし、森はこれからもずっと自分と向き合っていく。

E.N.D

新たなる旅路「オマケ探し」

このアプリはゾンビ探しをしてやっとクリアした!と思っていたら、他にまだサブクエスト的の要素があった。それがオマケ探しだ。ゾンビ探しだけでもクオリティが高かったのに、さらにこのオマケ探しでやりこみ要素が増えた。

先ほどからゾンビ探しの画面の上に「オマケ」と書いてある欄がある。オマケ?ゾンビ探しのオマケ?いったいどんな化け物なオマケなんだろう?と思っていた。しかしどうやらそんな怖い系ではなかった。

オマケ

まずこのオマケ欄にはシルエットがヒントとしてある。ぼくはそのシルエットを頼りに「バナナ」「ドーナツ」を見つけた(ゾンビ関係ないw)
そのシルエットを頼りに一番左のオマケも見つける。

オマケ発見

たぶんこれだ!
タップすると正解だった。いや、ゾンビ探しより難しくない!?結構小さかったりシルエットだけだから実際のものはあまり特定できない。このオマケ探し、なかなかのオマケだ。

ぼくはオマケ探しの道半ばこの記事を書くことにしたので、まだオマケは全部探しきれてはいない。まだまだ楽しめる状態だ。オマケ探し奥深い。

究極のストイック「無限モード」

ゾンビ探し、オマケ探しとは別に「無限モード」というモードがある。これはゾンビ探しをノンストップで失敗せずにどこまでいけるか、というものだ。
ステージは知ってる場所だが、ちゃんとゾンビの場所が変わっている。
しかもスムーズに進んでるかと思ったら急に難しかったりする。それに加えて積み重ねてきた回数を止めたくないという思いからか、どんどん焦りが出てきて全然ゾンビじゃないひとがゾンビに見えてきたりして失敗してしまう。

無限モード

これに関しては一生できる気がしてくる。
友達とかと競ってやりたいのが「無限モード」だ。

結局、家族や友人みんなでやりたい「ゾンビ探し」

ゾンビ探しのアプリ説明欄に
「このゲームはアナタの観察スキルを向上させるだけではなく、脳を鍛える 間違い探しとしても楽しむことができます。大人から子供まで安心してプレイしていただけます。」
と書いてあった。
確かにどんどんゾンビを見つけるスピードが上がってきて自分の観察スキルが上がってる気がする!
最初はゾンビって聞いて、R15くらいのものかと思ってたら残虐なシーンは一切無く、めちゃくちゃポップで全然R指定じゃなかった!

まとめ

正直そこまでは期待していなかったが、やればやるほど楽しくなってくるし
ちょっと時間が空いた時に一人でやったり、また複数で無限モードで競うのもあり色々な楽しみ方ができるアプリだ。

ゾンビ探し」とりあえず入れておいて間違いないだろう。

このゲームの評価(10点満点!)

【やりこみ度】…9点
【ポップ度】…9点
【タレ目のゾンビへの愛着度】…10点

ゲーム情報

ゾンビ探し

ゾンビ探し

GLOBAL GEAR, K.K.無料posted withアプリーチ

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします

Twitter で

浅井企画ゲーム部のスマホゲーム紹介カテゴリの最新記事