【20%キャッシュバックもあり】みずほ「Smart Debit」がApple Payに対応開始。

【20%キャッシュバックもあり】みずほ「Smart Debit」がApple Payに対応開始。

一番シンプルなのは、自分の銀行口座とキャッシュレスが紐付いてくれること、なのかも。
株式会社みずほ銀行は、8/29より、iPhoneアプリケーション「みずほWallet」にてバーチャルデビット「Smart Debit」の提供を開始しました。

Smart Debit

「Smart Debit」は、「みずほWallet」 から即時に発行でき、みずほ銀行の口座から簡単にデビット払い(即時)ができる、スマートフォン決済サービスです。電子決済サービスQUICPay+™(クイックペイプラス)とJCBコンタクトレスの加盟店で利用可能です。

みずほWallet for iOSは、2018年8月にサービスを開始したMizuho Suicaとあわせて、国内外200万箇所以上のスーパー、コンビニ、交通機関等で利用できる便利なスマホ決済アプリです。
しかも、29日からみずほJCBデビットもApple Payに対応し、Apple Payでのデビット払いに対応します。Apple PayはiPhone、 Apple Watch、 iPad とMacを使って、店舗だけでなくインターネットでのお買物にも利用できます。ネットショッピングもリアルの支払いもアプリ一つでOKってことですね!

本サービスのリリースにあわせ、みずほWalletは「ご利用に感謝して。20%キャッシュバック」も実施中。エントリーが必要なので詳細はコチラを確認してくださいね。

【みずほWallet for iOS】主なサービス画面・ご利用機能

アプリトップ画面
アプリトップ画面
スマホデビット決済
スマホデビット決済
お金の管理が可能
お金の管理が可能
便利な決済を一つに
便利な決済を一つに

買い物の支払いだけでなく、「みずほWallet」は、QRコード決済や個人間送金ができる「J-Coin Pay」との連携も同日開始。「みずほWallet」にてスマートフォンの「NFC決済」と「QRコード決済」に対応していくとのこと。キャッシュレス社会が進めば、金曜日や連休前のATM渋滞が起こらなくなるかもしれませんね。

※Apple Payの詳細は、https://www.apple.com/jp/apple-pay/をご確認ください。
※Apple、Appleのロゴ、Apple Pay、Apple Watch、iPhone、iPadは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスにもとづき使用されています。
※QUICPay+™は92万台以上、Suicaは110万台以上(各サービスで台数重複あり)
※JCBコンタクトレスはJCBカードやJCBカードを登録したスマートフォンなどをお店の端末にかざすだけでショッピングができるJCBブランドの非接触決済です。
※QUICPay+™は、株式会社ジェーシービーの登録商標です。
※QRコードは、株式会社デンソーウェーブの登録商標です。

■商品概要
みずほWallet for iOSのSmart Debit
ご利用条件:
①みずほ銀行の普通預金口座をお持ちの個人のお客さま、かつ
②本邦居住者で、15歳以上(但し、中学生を除く)
利用可能な加盟店:
・QUICPay+の加盟店
・JCBコンタクトレスの加盟店(国内・海外)
利用限度額:
・登録した預金口座の残高の範囲内
・利用限度額は、お客さまの任意の金額に変更可能
(初期設定)
1回当たり 10万円
1日当たり 10万円
1ヶ月当たり 50万円
年会費・利用料:年会費・利用料とも無料(通信費を除く)

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします

Twitter で

Newsカテゴリの最新記事