ドコモが懐かしい携帯電話からデータを復元できる「復活!あの頃ケータイ」を開始

ドコモが懐かしい携帯電話からデータを復元できる「復活!あの頃ケータイ」を開始

株式会社NTTドコモは全国のドコモショップにて、充電ができず電源が入らなくなった携帯電話を再び充電できるようにすることで、携帯電話に保存されているデータをよみがえらせるサービス「復活!あの頃ケータイ」(以下、本サービス)を開始しました。本サービスはドコモのユーザーに限らず、電池パックが取り外し可能な携帯電話(ドコモ以外の製品も対象)を持っていくことで無料で利用できるサービスです。

思い出として保管している携帯電話が、長期間未使用のため電池パックにロックがかかり充電ができず、保存されたデータが見られなくなる場合があります。このサービスでは携帯電話を再び起動させ、保存された写真、動画、メール、音声メモなど、思い出のデータを閲覧・再生することができます。

本サービスは2018年7月より東海地区で先行実施し、ユーザーから「電源が入らなかった昔の携帯電話に保存していた写真が再び見られて嬉しい」といった好評の意見が多かったことから、サービスを全国に展開することになりました。見られるようになった写真などのデータは、SDカード、赤外線通信、ドコモショップ店頭のデータ移行機器「DOCOPY」などを用いて、利用中の携帯電話へ移行・コピーすることが可能です。

復活!あの頃ケータイ

電池パックは予め定められた容量を超えて放電してしまうと、電池容量の低下や、異常発熱や発火につながる恐れがあるため、過放電しないようにロックがかかる場合があります。本サービスではドコモショップ店頭の電池パック診断ツールを用いてロックを解除することで復元・充電し、再び携帯電話の電源が入るようになります。
なお、電池パック診断ツールや、スマートフォン用アプリ「スマホ診断アプリ」、「診断ツールアプリ」を活用することで、携帯電話の電池の容量や性能について調べることができるそうなので、気になる方は調べてみてはどうでしょうか。

NTTドコモ 報道発表資料
思い出と携帯電話がよみがえる「復活!あの頃ケータイ」を全国のドコモショップで開始
https://www.nttdocomo.co.jp/info/news_release/2019/08/30_00.html

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします

Twitter で

Newsカテゴリの最新記事