傘のシェアリングサービス「アイカサ™」のレンタルスポット、西武新宿線全駅(29駅)に設置で実証実験スタート!

傘のシェアリングサービス「アイカサ™」のレンタルスポット、西武新宿線全駅(29駅)に設置で実証実験スタート!

このサービスがもっと広まれば、駅のタクシー乗り場に長蛇の列ができることも、電車に傘を置き忘れることも、なくなるかも!

西武鉄道株式会社と株式会社西武プロパティーズは、株式会社Nature Innovation Groupが展開する傘のシェアリングサービス「アイカサ™」(以下「アイカサ™」)について、2019年9月22日より西武鉄道新宿線 西武新宿~本川越駅の全29駅および駅ナカ・駅チカの商業施設に「アイカサ™」のレンタルスポット(傘立て)を設置し、傘のシェアリングサービスの実証実験(以下「本実証実験」)を開始。一路線全駅への設置は、鉄道業界初なのだとか。

西武鉄道株式会社×株式会社西武プロパティーズ×アイカサ「アイカサ™」とは、2018年12月にサービスを開始した、日本初の傘のシェアリングサービス。レンタルスポットを設置してある場所であればどこでも傘を借り、返却できるサービスです。本実証実験では、西武新宿線全線を一つの「エリア」ととらえ、毎日の通勤や通学、お出かけの際に、雨の日であっても傘を持ち歩くことなく、快適に移動できるストレスフリーな鉄道沿線の実現を目指すとのこと。

それ以外にも、駅や電車内における傘の忘れ物の削減、廃棄物として処理されるビニール傘の本数の削減にもつながり、所有(購入)せずに済むことから環境負荷の低減を意図した実証実験みたいです。スマホとアプリさえあれば、急な雨でも傘いらず…そんな未来が近づいています。

アイカサ使用イメージ
1.設置の概要
駅に設置する傘立て(レンタルスポット)において、レンタル傘返却ができます。借りる場所と返す場所は同一でなくても大丈夫。

2.使い方

アイカサの使い方

3.利用金額(ノーマルプランの例)

ピタッとあなたに合う料金体系

4.利用フロー

アイカサ利用フロー

■設置期間
2019年9月22日~2020年9月(予定)
※2019年9月22日(日)以降、各駅に順次設置されます。

設置場所や利用可能時間は、西武プロパティーズ公式サイトのPDF等を参照ください。

■傘のシェアリングサービス「アイカサ™」とは
「アイカサ™」は、2018年12月にサービスを開始した、日本初の傘のシェアリングサービスです。特長は突発的な雨にもビニール傘をわざわざ購入せずに、アイカサを借りて利用し、雨が止んだ際には最寄りのスポットに返却が可能なこと。現在は、渋谷や上野をはじめとした都内全域と、福岡市での展開を合わせて、スポット数約40箇所。登録ユーザー数は4万9千人超えを達成(9/10現在)。「雨の日のプラットフォーム」としてのインフラを構築、完全に傘をシェアする社会の実現をミッションとして掲げ、事業活動を展開している企業です。

株式会社Nature Innovation Groupのプレスリリースはこちら
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000044.000036740.html

参考URL
「アイカサ™」公式サイトURL: https://i-kasa.com/
「アイカサ™」LINEアプリURL: https://line.me/R/ti/p/%40upu4224e

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします

Twitter で

Newsカテゴリの最新記事