おすすめの無線LAN15選【2020年最新版】選び方やスペックを紹介

おすすめの無線LAN15選【2020年最新版】選び方やスペックを紹介
目次

無線LANとは

無線LANとはケーブルを利用せずにインターネットに接続できるシステムです。
LANケーブルを利用してインターネットにつなげる有線LANとは異なり、無線LANはケーブルを用いる代わりに光回線やADSL回線などを利用してインターネットに接続する仕組みです。
無線LANの場合、ブロードバンドモデムに接続する無線LANルーターと、電波をキャッチする子機が内蔵されたパソコンが必要となります。

無線LANとWi-Fiルーターの違い

Wi-Fi

無線LANという分類の中にWi-Fiが含まれています。もともと無線LANは1990年代頃からありましたが、1999年にWi-Fi Allianceが設立され、無線LANの接続方式を国際標準規格として定めました。そのため、Wi-Fiは無線LANの1種だと言えますが、近年では無線LANとWi-Fiとの明確な違いはなくなっており、無線LANのことを指してWi-Fiと呼ぶ場合もあります。

Wi-Fiルーターの選び方

チェックリスト

無線LANの選び方にはポイントがあります。無線LANを選ぶ場合には、使用環境や人数などによって見るポイントが変わります。ここでは無線LANの選び方を紹介します。

Wi-Fiルーターの選び方1:使用人数で選ぶ

人々

無線LANは使用人数で選ぶのがおすすめです。インターネットを利用する人数が多い場合、同時に使用する人が増えるだけデータの送受信待ちが発生します。また、それにより通信エリア内の速度が低下するため、データの遅延が発生します。そのため、接続可能な人数はチェックすることをおすすめします。

Wi-Fiルーターの選び方2:ブランドで選ぶ

PCとスマートフォン

無線LANはブランドで選ぶのがおすすめです。無線LANはバッファローやNEC、TP-Linkなどのさまざまなパソコン周辺機器を販売しているメーカーが展開しています。メーカーによって個性があるため、好きなメーカーや他の機器と同じメーカーのものを選ぶのもおすすめです。

Wi-Fiルーターの選び方3:データ転送速度や通信規格で選ぶ

スピードのイメージ

無線LANはデータ転送速度や通信規格で選ぶのがおすすめです。快適にインターネットを利用したいなら、Wi-Fi4以上の規格の無線LANがおすすめです。末尾の数値が上がるほど通信速度も向上し、ゲームや動画再生の待ち時間などのタイムラグが少なくなります。
また、電波が阻害されやすい間取りの場合は2.4GHz帯に対応している無線LANがおすすめです。

Wi-Fiルーターの選び方4:機能性で選ぶ

GEEK

無線LANは機能性で選ぶのがおすすめです。無線LANには有効な機能が付属されているもの多いです。たとえば、電子レンジなどから発生する干渉ノイズを自動で検知して回避化する干渉波自動回避機能や、障害物があっても電波を最適に届けるビームフォーミングなどの機能を持っている無線LANを選ぶのがおすすめです。

他にも初心者にはとっつきにくい初期設定をボタン1つで完了させたり、ルーター1台にかかる負荷を減らせるメッシュWi-Fi機能などをチェックするとよいでしょう。

おすすめのWi-Fiルーター15選

ルーター

Wi-Fiルーターにはどのような種類があるのでしょうか。Wi-Fiルーターを購入しようと思っても、調べてみるとさまざまなメーカーが販売しており、具体的にどのような違いがあるのかわからないという場合も多いでしょう。

ここではおすすめのWi-Fiルーター15選の紹介と、それぞれのスペックについて紹介していきます。

おすすめのWi-Fiルーター1:バッファロー AirStation HighPower Giga WHR-1166DHP4

WHR-1166DHP4は従来の11nよりも約2.8倍の高速転送速度を実現したおすすめの無線LANです。大容量のデータでも短時間で転送可能で、ハイビジョン映像の再生も滑らかです。
現在は販売終了しており、後継モデルである「WSR-1166DHPL」が登場しています。

仕様

・無線方式/最大転送速度:IEEE802.11ac(866Mbps)、IEEE802.11n(300Mbps)、IEEE802.11a/g(54Mbps)、IEEE802.11b(11Mbps)
・有線LANポート:LANポート×4、INTERNETポート×1
・間取り:ー
・使用人数:ー
・消費電力:10.8W(最大)
・サイズ:55x159x130mm(付属品及び突起物を除く)
・重量:約265g(製品本体のみ。付属品含まず)

おすすめのWi-Fiルーター2:NEC 無線LANルータ WG2600HP3

Aterm WG2600HP3は業界最速のおすすめの無線LANです。日本国内メーカーの家庭用無線LANとしては、2019年3月時点で業界最速の約1430Mbpsを誇るオススメのモデルです。ビームフォーミングやバンドステアリング、オートチャネルセレクトなどの機能も搭載しています。

仕様

・無線方式/最大転送速度:IEEE802.11ac(1733Mbps)、IEEE802.11n(600Mbps)、IEEE802.11a/g(54/48/36/24/18/12/9/6Mbps)、IEEE802.11b(11/5.5/2/1Mbps)
・有線LANポート:LANポート×4、WANポート×1
・間取り:ー
・使用人数:ー
・消費電力:20W
・サイズ:約38(W)×129.5(D)×170(H)mm
・重量:約0.6kg

おすすめのWi-Fiルーター3:TP-LINK WiFi 無線LAN ルーター Archer C7

Archer C7は多くの人にとってベストな無線LANです。New York Times紙で「The Best Router for Most People」と紹介されたおすすめの無線LANです。アプリを使うことで設定を簡単に行うことができ、ゲスト用Wi-Fi機能では来客にインターネット接続のみを開放することも可能です。

仕様

・無線方式/最大転送速度:IEEE 802.11ac/n/a(最大1300Mbps)、IEEE 802.11b/g/n(最大450Mbps)
・有線LANポート:LANポート×4、WANポート×1
・間取り:ー
・使用人数:ー
・消費電力:ー
・サイズ:243 x 160.6 x 32.5mm
・重量:ー

おすすめのWi-Fiルーター4:バッファロー AirStation WTR-M2133HP

WTR-M2133HPは大容量通信も安定しているおすすめの無線LANです。トライバンドで4K動画視聴もストレスなく楽しむことが可能です。特許を出願しているバッファロー独自のメッシュ機能を搭載しているため、3階建てなど電波が届きにくい環境におすすめです。
このモデルは在庫限りで販売終了となり、後継モデルは「WTR-M2133HS」があります。

仕様

・無線方式/最大転送速度:IEEE802.11ac(866Mbps)、IEEE802.11n(400Mbps)、IEEE802.11a/g(54Mbps)、IEEE802.11b(11Mbps)
・有線LANポート:LANポート×3、INTERNETポート×1
・間取り:ー
・使用人数:ー
・消費電力:18.2W(最大)
・サイズ:W231×H231×D70mm(アンテナおよび突起部除く)
・重量:約970g(製品本体のみ)

おすすめのWi-Fiルーター5:アイ・オー・データ機器 WN-AX1167GR2

360度

WN-AX1167GR2は最大3年保証のおすすめの無線LANです。360度電波の死角を作らない「360コネクト技術」を搭載しており、家中に電波が行き届くため一戸建てにおすすめです。セキュリティに関しても子供の利用時間を制限する機能やネットフィルタリング機能なども搭載されており、価格も1万円以下と安いおすすめモデルです。

仕様

・無線方式/最大転送速度:IEEE802.11ac(最大867Mbps)、IEEE802.11n(最大300Mbps)、IEEE802.11a(最大54Mbps)、IEEE802.11g(最大54Mbps)、IEEE802.11b(最大11Mbps)
・有線LANポート:LANポート×4
・間取り:ー
・使用人数:推奨16台
・消費電力:10W(Typ)
・サイズ:約150(W)×83(D)×157(H)mm(スタンド含む、突起部含まず)
・重量:約250g

おすすめのWi-Fiルーター6:エレコム WRC-2533GST2

Mac

WRC-2533GST2は引っ越し機能で面倒な設定無く使えるおすすめの無線LANです。フレッツ光のIPv6対応で、4Kテレビも快適に視聴でき、高速で安定した通信を実現します。また、特定端末へ集中して電波を送信する「ビームフォーミングZ」や、複数台同時接続に強い「MU-MIMO機能」を搭載しており、家族での利用にもおすすめです。

仕様

・無線方式/最大転送速度:IEEE802.11ac(最大1733Mbps)、IEEE802.11n(最大800Mbps)、IEEE802.11g(最大54Mbps)、IEEE802.11b(最大11Mbps)、IEEE802.11a (最大54Mbps)・有線LANポート:LANポート×4、WAN ポート×1
・間取り:ー
・使用人数:推奨 24台
・消費電力:約13.2W(最大)
・サイズ:(W)約141.0×(D)約36.5×(H)約160.0mm (本体のみ)
・重量:約380g(本体のみ)

おすすめのWi-Fiルーター7:TP-Link Deco M9 Plus

IoT

Deco M9 Plusは複数のユニットを組み合わせられるおすすめの無線LANです。最大で約600㎡という範囲をカバーでき、複数台用意すれば広大なメッシュWi-Fiネットワークを構築可能です。
また、スマートホームハブを内蔵しているため、IoT機器を利用している家庭におすすめです。

仕様

・無線方式/最大転送速度:IEEE 802.11 ac/n/a(867 Mbps)、IEEE 802.11 b/g/n(400 Mbps)
・有線LANポート:LAN/WANギガビットイーサネットポート×2
・間取り:ー
・使用人数:ー
・消費電力:ー
・サイズ:Φ144 mm × 64 mm
・重量:ー

おすすめのWi-Fiルーター8:ASUS RT-AC86U

ゲームのコントローラ

RT-AC86Uはゲーム通信を加速するおすすめの人気ゲーミング無線LANです。ネットゲームのタイムラグを減らす「WTFast」機能や、ゲームの通信優先度を高める「Adaptive QoS」機能などを搭載しています。快適なゲーム通信や4K UHD動画のストリーミングに最適なので、ゲームを楽しみたいユーザーにおすすめです。

仕様

・無線方式/最大転送速度:IEEE 802.11ac(最大1,734Mbps、NitroQAM:最大2,167Mbps)、IEEE 802.11n(最大450Mbps、NitroQAM:最大750Mbps)、IEEE 802.11a(6,9,12,18,24,36,48,54 Mbps)、IEEE 802.11g(6,9,12,18,24,36,48,54 Mbps)、IEEE 802.11b(1, 2, 5.5, 11 Mbps)
・有線LANポート:LANポート×4、WANポート×1
・間取り:ー
・使用人数:ー
・消費電力:ー
・サイズ:幅 220 × 高さ 160 × 奥行き 83.3 mm (WxHxD)
・重量:872 g

おすすめのWi-Fiルーター9:ネットギア Nighthawk AX4(RAX40-100JPS)

Nighthawk AX4 – RAX40は新世代Wi-Fi6対応のおすすめの無線LANです。新しい802.11ax wifi規格をサポートしており、従来よりも最大4倍のデータ容量を提供可能です。また、強力なデュアルコアCPUとオフロードされたCPUにより、ネットワーク全体の性能を向上させます。

仕様

・無線方式/最大転送速度:IEEE 802.11(2.4 GHz:最大574Mbps、5 GHz:最大2,402 Mbps)
・有線LANポート:LANポート×4、WANポート×1
・間取り:ー
・使用人数:ー
・消費電力:ー
・サイズ:360 × 215 × 60 mm (折り畳んだサイズ), 360 × 215 × 180 mm (折り畳んでいないサイズ)
・重量:618 g

おすすめのWi-Fiルーター10:BUFFALO 無線LANルータ WSR-2533DHPL-C

スマートフォンとスマートウォッチ

WSR-2533DHPL-Cは最新のiPhoneに最適なおすすめの無線LANです。搭載された4本アンテナがさまざまな向きや角度の端末を広くカバーし、ビームフォーミング機能により子機側に最適な電波を届けます。特別な設定も不要で、iPhoneの速度の向上が期待できるため、初心者にもおすすめです。

仕様

・無線方式/最大転送速度:IEEE802.11ac(1733Mbps)、IEEE802.11n(800Mbps)、IEEE802.11a/g(54Mbps)、IEEE802.11b(11Mbps)
・有線LANポート:LANポート×4、INTERNETポート×1
・間取り:ー
・使用人数:ー
・消費電力:12.6W(最大)
・サイズ:36.5x160x160mm(付属品および突起物を除く)
・重量:約400g(製品本体のみ)

おすすめのWi-Fiルーター11:TP-LINK Wi-Fi 無線LAN ルーター Archer A10

Archer A10は超高速デュアルバンドを提供するおすすめの無線LANです。4本の高性能アンテナにより広範囲をカバーし、ビームフォーミング機能により効率的な無線接続を構築します。また、低価格で購入でき、業界最高基準の3年保証も付いてくるため、初めての無線LANにもおすすめです。

仕様

・無線方式/最大転送速度:IEEE 802.11 ac/n/a(1733Mbps)、IEEE 802.11 b/g/n(800Mbps)
・有線LANポート:LANポート×4、WANポート×1
・間取り:ー
・使用人数:ー
・消費電力:ー
・サイズ:8.5 x 6.5 x 1.4 in.(216 x 164 x 36.8 mm)
・重量:ー

おすすめのWi-Fiルーター12:エレコム WiFi 無線LAN ルーター WRC-1167FEBK-S

WRC-1167FEBK-Sはスマホ通信の多い家族での利用を想定したおすすめの無線LANです。ビームフォーミングZや2×2の高感度アンテナにより、快適なスマホ通信を実現するおすすめモデルです。
設定も簡単で6千円台という格安で購入できるモデルでしたが、現在は販売終了しています。

仕様

・無線方式/最大転送速度:IEEE802.11ac(最大867Mbps)、IEEE802.11n(最大300Mbps)、IEEE802.11g(最大54Mbps)、IEEE802.11b(最大11Mbps)、IEEE802.11a (最大54Mbps)
・有線LANポート:LANポート×4
・間取り:ー
・使用人数:推奨 24台
・消費電力:約5.6W
・サイズ:(W)約130.0×(D)約26.0×(H)約182.5mm (本体のみ)
・重量:約210g(本体のみ)

おすすめのWi-Fiルーター13:バッファロー 無線LAN ルーター WSR-1166DHP3

タブレット

WSR-1166DHP3はスマホやタブレットで高速通信を実現するおすすめの無線LANです。iPhone 6、iPhone 6 Plusに最適なビームフォーミング対応で、快適なインターネット通信を可能にします。また、大容量データを高速通信できるGigaにも対応しています。
現在は販売終了しており、後継モデルとして「WSR-1166DHPL」が登場しています。

仕様

・無線方式/最大転送速度:IEEE802.11ac(866Mbps)、IEEE802.11n(300Mbps)、IEEE802.11a/g(54Mbps)、IEEE802.11b(11Mbps)
・有線LANポート:LANポート×4、INTERNETポート×1
・間取り:ー
・使用人数:ー
・消費電力:8.19W(最大)
・サイズ:36.5×160×160mm(付属品および突起物を除く)
・重量:約317g(製品本体のみ)

おすすめのWi-Fiルーター14:TP-LINK 無線LANルーター Archer C55

PCで映画を観るイメージ

Archer C55はさまざまなエンターテイメントを楽しめるおすすめの無線LANです。デュアルバンドシグナルを使用し、2.4Ghzでは音楽やショッピング、5Ghzではストリーミングサービスやオンラインゲームなどをストレスなく楽しめるため、家族での利用におすすめです。
また、来客用に別の独立したネットワークを構築することもできます。

仕様

・無線方式/最大転送速度:IEEE 802.11 ac/n/a(867Mbps)、IEEE 802.11 b/g/n(300Mbps)
・有線LANポート:LANポート×4、WANポート×1
・間取り:ー
・使用人数:ー
・消費電力:ー
・サイズ:8.9 × 5.8 × 1.3 in. (225×148×33 mm)
・重量:ー

おすすめのWi-Fiルーター15:バッファロー 無線LAN親機 WXR-1750DHP2

通信のイメージ

WXR-1750DHP2は電波をカスタマイズできるおすすめの無線LANです。大型可動式アンテナ搭載で、環境に合わせて角度を変えて最適な電波環境にカスタマイズできます。さらに「バンドステアリング」機能により、空いている帯域へ自動誘導することで、快適な通信が可能になります。

仕様

・無線方式/最大転送速度:IEEE802.11ac(1300Mbps)、IEEE802.11n(450Mbps)、IEEE802.11a/g(54Mbps)、IEEE802.11b(11Mbps)
・有線LANポート:LANポート×4、INTERNETポート×1
・間取り:ー
・使用人数:ー
・消費電力:18.7W(最大)
・サイズ:41x185x185mm(付属品および突起物を除く)
・重量:約545g(製品本体のみ)

Wi-Fiルーターのおすすめの置き場所

PCとヘッドフォン

Wi-Fiルーターにはおすすめの設置場所があります。
置く場所や部屋の間取り、構造などによってはWi-Fiルーターの電波が遮断され、うまく通信ができなくなることもあります。Wi-Fiルーターの機能を最大限生かすためには、適切な場所に置くようにしましょう。

ここではWi-Fiルーターおすすめの置き場所を紹介します。

Wi-Fiルーターおすすめの置き場所1:障害物のないリビング

リビング

Wi-Fiルーターは障害物のないリビングに置くことで、電波を遠くまで飛ばすことができます。
Wi-Fiルーターの最適な置き場所は、リビングなど家の中心で、さらに障害物のない場所です。たとえば高い棚の上など、他に背の高いものがない場所にあるとインターネットに繋がりやすいでしょう。
周りの障害物のない高い場所に配置しておくことで、快適な電波環境を実現できおすすめです。

Wi-Fiルーターおすすめの置き場所2:部屋と部屋の間

何部屋もある場合には、Wi-Fiルーターは部屋と部屋の間に置くのもおすすめです。
1つの部屋の中にWi-Fiルーターを置いておくと、別の部屋の電波状況が悪くなるケースがあります。そのため、均等に電波を飛ばしたい場合には、部屋と部屋の間に配置してみることをおすすめします。

Wi-Fiルーターおすすめの置き場所3:階段(二階建ての場合)

階段

2階建ての場合は2階まで電波が届かない場合があるため、Wi-Fiルーターは階段に置くのがおすすめです。
Wi-Fiルーターは高低差に弱いという弱点を持っているため、1階に置いてあると2階の電波が弱かったり届かないケースがあります。2階の電波が弱いと感じたら、階段などに設置してみることをおすすめします。

快適なWi-Fi環境のために無線LANを慎重に選ぼう!

キーボードとデスク

自宅の環境に合わせた無線LANを選ぶことが重要です。
無線LANにはさまざまな種類が登場しており、それぞれ特徴が異なるため、環境によって最適なモデルは異なります。

ぜひこの記事でおすすめした無線LANを参考に、自宅環境にぴったりの無線LANを見つけてみてはいかがでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします

Twitter で

スマホ・モバイル初心者講座カテゴリの最新記事