電子実印 -ハンコ待ち渋滞を解消!弁護士が開発した電子署名システム、無料提供開始

電子実印 -ハンコ待ち渋滞を解消!弁護士が開発した電子署名システム、無料提供開始

以前働いていた職場でよくあった風景。直属の上司の決裁印は火曜日時点でもらえたけど、さらに上の役員の方々の決裁印待ちのため実際に発注に動き出したのは翌週…今度こそ、そんな渋滞が解決されることを期待しています(キリッ)。

株式会社ケンタウロスワークス(以下、同社)は、ブロックチェーンを利用した電子署名システム「電子実印」を2020年4月29日に無料提供を開始したと発表しました。

株式会社ケンタウロスワークス ロゴ

「電子実印」は、スマートフォンとブロックチェーン技術を組み合わせ、ハンコを押さなくても、「誰が、いつ、何の書類に署名したのか」を手軽に証明できるシステムです。

PDF書類(他のファイル形式は今後対応予定)をアップロードし、スマホで電子署名するシンプルな設計。電子契約をはじめとする様々な押印書類の作成など、新型コロナウイルスの影響で高まる書類のやり取りの非対面化・デジタル化のニーズに対応できます。弁護士作成の書類ひな型も用意されているとのこと。まずは、電子実印ポータルサイトをチェックしてみてください。

■「電子実印」の特徴
・WEBアプリで書類を送信し、スマホアプリで電子署名
・ブロックチェーン(Public Ethereum)上に改ざん不可能な電子署名を記録
・オンライン本人確認で署名者の本人性を担保

■WEBアプリ「電子実印」概要
・電子署名の対象となる書類のアップロード・管理
・ブロックチェーン上の署名情報が記載された証明書の発行

■スマホアプリ「電子実印」概要
・WEBアプリ「電子実印」でアップロードされた書類に対する電子署名
・運転免許証・パスポートによるオンライン本人確認機能
・iOS対応(Android版は開発中)

株式会社ケンタウロスワークスのプレスリリースはこちら
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000006.000037405.html

参考URL
https://centaurusworks.jp
https://d-sig.io/

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします

Twitter で

Newsカテゴリの最新記事