【キャッシュレス決済調査】おうち時間で現金利用頻度は約70%減少、約半数が「キャッシュレス決済に慣れた」と回答

【キャッシュレス決済調査】おうち時間で現金利用頻度は約70%減少、約半数が「キャッシュレス決済に慣れた」と回答

定期的に取り上げているキャッシュレス関連の調査ですが、今回は「ニューノーマル以降」の結果ということで気になりました。お家時間が増えて、日々の買い物や消費のスタイルが変わりゆく中、キャッシュレス決済はどの位利用されていたのでしょう?気になった結果を解説してみました。

1.調査概要

調査名:外出自粛期間での意識・行動変化に関するアンケート

実施期間:2020年6月9日(火)~6月16日(火)
実施チャネル:アンケート専用のWEBサイト(対象者にメールにてご案内)

対象者:同社の顧客(個人)のうち、各年代ごとに当社がランダムに抽出

回答者数:3,949名

2.調査結果サマリー

・  現金の使用頻度が減った人は68.6%。理由は「キャッシュレス決済に慣れたから」(47.5%)
・  おうち時間でのお金についての考えの変化、1位は「少しでも無駄を減らしたい」(45.0%)
次いで、「キャッシュレス決済のメリットに気付いた」(25.5%)
・  今後もオンラインで行いたいもの1位は「銀行取引や株式投資等の資産運用」(51.5%)
・  家計見直し対象は「携帯キャリア等の通信費」(25.8%)や「銀行ATM手数料・振込手数料」(24.6%)
・  投資を開始・再開した理由は「相場を見て投資のチャンスだと考えたから」(46.4%)

3.調査結果(一部抜粋)

外出がしにくくなる期間を経てお金について考えが変わったことは?

外出機会が抑制されたことで、回答された方の大半が日々の支出を見直す機会になったようです。「無駄を減らしたい」、キャッシュレス還元などを利用した節約の手段として「キャッシュレス決済のメリットに気が付いた」の回答だけで半数を超えています。また、今後の経済動向に対する不安から「ポイントなどを増やしたい」「お金を増やしたい」「現金を手元に置いておきたい」といった回答もありました。

外出自粛期間中、現金の使用頻度が減りましたか?

自粛生活の影響が如実に表れています。買い物もネット通販やネット注文でテイクアウト、デリバリーなどを利用すればクレジットカード等で支払いが完了するため、現金の使用回数はそれだけ少なくなります。

現金を使わなくなった理由はなんですか?

「キャッシュレス決済に慣れた」「現金決済のお店で買い物しなくなった」…パラダイムシフトを感じさせる結果ですね!そして、「現金を触りたくない」という三密回避の暮らしが標準となった時代ならではの理由にも注目です。キャッシュレス=タッチレスなお支払方法ということは、ぜひ知っておいて欲しいと思います。

今後も引き続きオンラインで行いたいものは?

既に利用したことのあるサービスもあるかもしれません。これまで外出をして店舗などで利用していたサービスを自宅にてオンラインで利用してみたいという傾向は今後も進みそうです。

家計の見直しをしたかたは、具体的には何を見直しましたか?

月々の固定費で見直した分野のランキング結果というだけでなく、消費者が今気になっているニーズという見方もできそうです。個人的には携帯キャリアの通信費と銀行の手数料はもっと低くしたり、無料に出来るはずと思っています。

その他の調査結果や同社の分析に関しては、コチラもあわせて参照してみてください。

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします

Twitter で

Newsカテゴリの最新記事