スマホで操作可能な「着るクーラー」REON POCKET登場|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

スマホで操作可能な「着るクーラー」REON POCKET登場|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

むし暑いシーズンが到来しましたが、なんとソニーから「着るクーラー」なるウェアラブルデバイスが登場しました! その名は「REON POCKET」で、専用の下着に装着してスマホで操作することで温度調整し、快適に過ごせるというグッズなのだそうです。

ほんとにソニーが?!と目を疑いたくなるようなユニークなウェアラブルの登場です
ほんとにソニーが?!と目を疑いたくなるようなユニークなウェアラブルの登場です

ソニーは昨年7月に、スタートアップの創出と事業運営を支援する「Sony Startup Acceleration Program(ソニー・スタートアップ・アクセラレーション・プログラム/SSAP)」を開催し、このオーディションを通過して事業化されたものの一つがこのREON POCKETで、ソニーが運営するクラウドファンディング及びEコマースのためのプラットフォームサイト「First Flight」にて公開後わずか1週間で、目標額6,600万円を達成したというプロダクトです。

このREON POCKETは、本体を専用インナーウェアの首元にあるポケットに装着し、Bluetoothで接続したスマホのアプリで操作し、冷温それぞれ4段階から本体の温度を設定可能できる冷温両対応のインナーウェア装着型ウェアラブルサーモデバイスです。

専用のインターの背中にデバイスを装着
専用のインターの背中にデバイスを装着
首の下あたりで体に触れる部分が冷たくなり涼しさを感じます
首の下あたりで体に触れる部分が冷たくなり涼しさを感じます

利用シーンに応じて選べる3つの機能が搭載されています。まず「オートモード」 は、本体に搭載された複数のセンサーにより、本体内部や冷温部の温度、ユーザーの行動を感知し、温度を自動的に調整します。歩行動作をリアルタイムに検出できるため、通勤時のご使用などに便利なのだとか。

「マイモード」では COOL/WARMの繰り返しやオフタイマーを設定できるモードです。「クイック起動」は、スマホの操作不要で本体のボタンを押すだけで起動が可能となるモードです。

アプリイメージ

この製品による体表面温度の変化
この製品による体表面温度の変化

このREON POCKETを装着できる専用のインナーウェアも同時発売されました。東レインターナショナルから提供されるもので、吸水速乾性を持つ極細繊維のポリエステル生地を使用しており、サイズはS・M・Lの3サイズ展開でカラーはホワイトとベージュの2色が用意されています。

専用インナーウエア

インナーウェア装着型ウェアラブルサーモデバイス「REON POCKET」(型名:RNP-1A)は希望小売価格13,000円(税別)、専用インナーウエア(型名:RNPS-C1VA)は各サイズ(ホワイト、ベージュ)とも1,800円(税別)です。筆者も早速注文しました!

REON POCKET 公式サイト
https://reonpocket.sony.co.jp/

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします

Twitter で

木暮祐一のぶらり携帯散歩道カテゴリの最新記事