快眠の新常識は、手のひら冷やす!「体感15℃でAVA血管を冷やす、アイスバッテリー®」2020年秋 代理店募集。

快眠の新常識は、手のひら冷やす!「体感15℃でAVA血管を冷やす、アイスバッテリー®」2020年秋 代理店募集。

子どものころ熱が出たときや、夏の暑い日に使った水枕を思い出しますが、指先を冷やすという発想は今までなかったですよね。睡眠改善だけでなく、日中の熱中症予防にも役立つようですよ。

松浦工業株式会社(以下、同社)は、世界初AVA冷却に最適 体感15℃の心地よい冷たさが就寝時に約2時間もつ手のひらサイズアイシングの医療機関・薬局向け販売代理店の募集を8月24日より開始しています。

アイスバッテリー

アイスバッテリーとは?

社内ベンチャーで開発された本商品は「小中高の部活生を熱中症から守りたい!」想いを共有する東京と大阪のモノづくり中小企業でタッグを組み「切れのある冷たさ(10℃)」と「マイルドな冷たさ(20℃)」2つの異なる温度を持たせ、使用者が朝、昼、晩、夜寝る時の気温・体温・体調の変化に合わせて2つの温度を使い分けながら「手のひら・ほっぺた・足のうら」に同時にあて、心身ともにクールダウンできる工夫をしたのが最大の特長です。

アイスバッテリー

募集の経緯

今期10万個の販売を目指し生産を進めておりましたが、東京五輪の延期・スポーツ活動全般が止まった影響もあり、8月20日時点で目標のわずか25%、2.5万個の販売しか実現できていないとのこと。

もともとは携帯できるサイズで、部活動や運動中のアイシングを意図して開発していたところ、このアイスバッテリー®freshは、「手のひらにあてて寝るだけで、普段よりぐっすり眠れた感じがする」とテストユーザー約100名の内、20名(5人に1人)と回答。就寝時の使い方は元々想定しておらず、ユーザーの声でたまたま偶然気づいたそうです。社会状況とユーザーからの声を受けて、睡眠グッズとして展開していくことを決めたとのことです。

持ってるだけで熱中症対策にもなるし質の良い睡眠も取れるようになるの

同社がめざしているのは、
・世界中にいる不眠症、睡眠負債、睡眠障害に悩む多くの方に、商品と「就寝時に手のひらを冷やすだけ」という新しい選択がある事を知ってもらいたい
・使ってもらう事で目標10万個の達成と、「10兆円市場 睡眠関連ビジネス」をMade in Japanの技術と知恵で力強く開拓し、日本経済に明るい話題を提供したい。

と暗いニュースに目が行きがちのニューノーマルの社会でも力強くチャレンジしていく決意を表明しています。

本リリースでは、「医療機関・薬局向けの販売に協力してくださるパートナーを見つけ、最初のお客様の開拓を今月中に実現したい」とのことです。

なお、アマゾン経由で個人でも買えます。気になった方はコチラもチェックしてみてくださいね。

商品概要

商品名:「体感15℃ 手のひら冷却 アイスバッテリー(R)fresh」

手のひらで冷却感知をすると体温が下がるのが早いの

特長:
① 2つの異なる表面温度(マイルドな冷たさ20℃、切れのある冷たさ 10℃)で手のひらを冷やしながら深部体温を下げ、睡眠の質を上げる効果が期待できる

温度変化
② 肌に触れるカバーにポリウレタンを採用(肌にも環境にも優しい)
③ 毎日の使用後は中性洗剤で洗えて、繰り返しワンシーズン使える

定価:1,980円(税抜き)
生産国: 日本

同社では8月末までZoomでのオンライン説明会を開催中。扱ってみたいという人は問い合わせページをチェックしてみくてださいね。

熟睡できるようになったし、学校でもボーッとすることがなく元気に部活を頑張れた。

松浦工業株式会社のプレスリリースはこちら
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000024.000047802.html

参考URL
https://www.ma-sports.biz/

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします

Twitter で

Newsカテゴリの最新記事