「電子煙管・虎御前」老舗電子タバコ店が開発した、キセル型電子タバコ第二弾製作に向けてクラウドファンディングを開始!

「電子煙管・虎御前」老舗電子タバコ店が開発した、キセル型電子タバコ第二弾製作に向けてクラウドファンディングを開始!

モバ大報道部のTです。実は最近、電子タバコにしてみたのですが、フレーバーや本体も色々カスタマイズできるのが楽しいですね。そんな矢先だったので、反応してしまいました笑。

喫煙グッズとして、煙管に憧れていたのですが、使ってる人の話をきくとお手入れが大変なので躊躇してました。電子タバコなら、葉っぱや灰の処理を気にしないからいいかも!と思い始めてます。

電子タバコおよび関連商品の販売を行っている沼田茶舗 電子タバコ店(以下、同店)は創業10周年を迎え、前作の製造設備が使用不能に陥り、内部パーツ製造メーカーが事業撤退、ほか数々の困難を乗り越え、クラウドファンディングサイトのMakuakeで新型電子煙管「電子煙管・虎御前」のお披露目と共に、制作プロジェクトを8月20日に開始したと発表。

電子煙管・虎御前
電子煙管・虎御前

未告知で開始したため静かな幕開けとなりましたが、開始1日で100万円の支援額に到達、いまもなお支援者、支援金が増加しています。クラウドファンディング返礼品には前作「電子煙管 初陣」向けの「アップグレード吸い口パーツ」などをご用意しました。

この製品は禁煙や分煙といった健康と、日本文化が注目されている昨今、この「電子煙管」を通して、懐古型コンテンツの「花魁」や「浴衣、着物」などと合わせ、情緒に浸るための道具として、幅広い層のニーズを取り込むことを目的としております。

改正された「改正健康増進法」

2020年4月に改正健康増進法が施行されました。

「受動喫煙」の定義は、タバコから発生した煙、タバコを吸っている人の呼気に含まれる煙にさらされること、とあります。

・たばこ、葉巻、加熱式たばこは規制対象

・電子タバコ(VAPE)はたばこ製品ではないため、規制の対象外。

副流煙の心配はございません。電子タバコは、フレーバーを吸って吐く製品です。
タバコ葉を使用しないため、ニコチン、タールの心配がなく、成人していれば誰でも使用可能です。

電子煙管とは

「電子煙管」は、沼田茶舗 電子タバコ店の沼田が考案した電子タバコです。

「キセル」という独特の細長い形状を生かし、リチウム電池を複数搭載、電池にかかる負荷を軽減します。吸い口は構造を生かし内部にヒートユニットを搭載。火皿に内蔵したLEDは稼働や警告をお知らせする、「簡単」「使いやすい」「安全」な美しい電子タバコです。

・気流センサーによって、吸引するだけで自動動作

・リチウム電池を複数搭載し、長時間の使用と耐久性を実現

・定電圧出力システムと気流検出センサーによる、安定したミスト量

・ミストを凝縮するヒートユニット一体型の吸い口

・充電器には過充電・過電流・過電圧対策保護回路を内蔵

「電子煙管 初陣」からの更新点

たった一人で設計開発、1年6か月を費やし、前作と全く異なる電子煙管です。

・構造の再設計。火皿、パイプ、吸い口、とパーツを細分化し、着せ替え変更が可能。

・一部樹脂素材を金属へ変更、重量感と高級感を追求した。

・パイプにデザインされた力強くも可愛い虎模様。後発パーツで着せ替えが可能。

・吸い口はヒートユニット一体型にアップグレード。前作「電子煙管 初陣」と互換可能。

本体のブロック単位分割図:火皿、羅宇、吸い口
本体のブロック単位分割図:火皿、羅宇、吸い口

「虎御前」のデザインと由来について

「虎御前」は『曽我物語』に登場する人物に由来します。『曽我物語』は「日本三大仇討ち」に数えられ、能・浄瑠璃・歌舞伎・浮世絵などの題材になります。

電子煙管・虎御前は、強者の異名として例えられる「虎」をモチーフとし、黄金色で虎の力強さを表現しました。

クラウドファンディングについて

『資金が集まったらプロジェクト実行』というAll-or-Nothing方式で行われます。
目標金額に到達しなかった場合は全額返金、支援者にリスクのないプロジェクトとなります。
このプロジェクトが失敗に終わった場合、生産、販売は行いません。

クラウドファンディング・プロジェクトの詳細やネクストゴールに関してはコチラを参照ください。

沼田茶舗 電子タバコ店のプレスリリースはこちら
https://www.atpress.ne.jp/news/224226

参考URL
https://www.makuake.com/project/numacha_mito/

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします

Twitter で

Newsカテゴリの最新記事