【10/31まで】ギュッとハグされている感覚を再現したオールシーズン対応「安眠ブランケット」のクラウドファンディングを開始

【10/31まで】ギュッとハグされている感覚を再現したオールシーズン対応「安眠ブランケット」のクラウドファンディングを開始

モバ大報道部ニュースでは何度も取り上げている、Makuakeのクラウドファンディングによる支援購入プロジェクトですが、最近は地上波のテレビCMでサービスの紹介を盛んに行っています。今後は新しい商品やサービスを特典(リターン)付きで先行販売するプラットフォームに寄っていくのか、今後も意識してウォッチしていきます!

ぶなの森ジャパン合同会社(以下、同社)は、「安眠ブランケット」の製作支援を目的にMakuakeでクラウドファンディングを2020年9月25日に開始しました。

ハグされているような安心感
ハグされているような安心感

プロジェクト開始の背景

ぶなの森ジャパン合同会社の森田 卓志氏は、コロナ禍で多くの方の不安やストレスが増大しており、また運動不足に陥っていると指摘。その結果、ぐっすり眠れない人が増えており、生活リズムに悪影響を与えているとも…

この安眠ブランケット(Weighted Blanket)は、適度な加圧により、ハグされているような疑似体験を味わうことが可能。幸福感と安心感に包まれて、朝までぐっすり眠って頂きたいという思いを届けるべく、クラウドファンディングを実施するに至ったようです。

商品の特長

1) 「朝までぐっすり眠れる」が可能に

安眠ブランケットは、ナノガラスビーズ入りのブランケットで、その重さ(5-7kg)が体を適度に刺激し、ハグされているかの様な、幸福感と安心感を疑似体験することができます。その結果、包まれている心地よさで朝までぐっすり眠ることができます。

2) 布団内部の快適な温度維持が可能に

安眠ブランケットは、表生地はプレミアムコットン100%なので、肌触りがともても滑らかです。内部は、ナノガラスビーズとポリエステル製中綿が使用されており、通気性と保温性を兼ね備えています。夏は涼しく、冬は暖かく保たれ、眠りに快適な体温に近い温度をキープします。

3) 「ダブルステッチの強化縫製で末永く使える」が可能に

安眠ブランケットは、耐久性を高めるため、縫製は手間のかかるダブルステッチを採用しています。縫い代の部分が強化されるだけでなく、ナノガラスビーズを詰めたコンパートメントのキルティング感が強調されるので、見た目も高級感が漂います。

開発者の思い、リターンの種類や製品展開などの詳細は、開催中のプロジェクトページをチェックしてみてください。

【プロジェクト概要】

プロジェクト名:【この重さが体をギュッと包み込む】朝までぐっすり眠れる。加圧式掛布団。

期間: 2020年9月25日~2020年10月31日

リターン: 安眠ブランケット(Weighted Blanket)

ぶなの森ジャパン合同会社のプレスリリースはこちら
https://www.atpress.ne.jp/news/227913

参考URL
Makuakeプロジェクトページ:
https://www.makuake.com/project/anmin-blanket/
https://bunajapan.com/

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします

Twitter で

Newsカテゴリの最新記事