飛べゴリラ レビュー「ガチャの快楽~ゴリラとヒヨコのエクスタシー~」|浅井企画ゲーム部のスマホゲーム紹介:第49回

飛べゴリラ レビュー「ガチャの快楽~ゴリラとヒヨコのエクスタシー~」|浅井企画ゲーム部のスマホゲーム紹介:第49回

エーデルワイス門田こんにちは。お笑い芸人のエーデルワイス門田です。
ゲームクリエイターのような顔してすみません。

空を飛びたいゴリラのミニゲーム「飛べゴリラ」

今僕がハマっているゲームをご紹介します。
その名も「飛べ!ゴリラ!」。
すみません。今確認したら「!」マークついてなかったです。
でも僕の気持ち的には
「飛べぇぇぇぇえええ!!!!!!!ゴリラァァァアアア!!!!!!!」
です。

自信持ってよトットリさん

説明文はこんな感じ

飛べゴリラ 説明文

空をとびたいゴリラのクソゲー
間違っちゃいないんだけど、作者さん、もうちょっと自信もってよ。
ちなみにこの作者さん
「走れ!ゴリラ」というゲームも作っているようです。

作者が作っている他のアプリ

ん? 「化学センター試験対策」
ゴリラ→ゴリラ→化学
振り幅すごいね
菅田将暉くんの演技の幅くらい広いね

ゴリラが幸せならそれでいい

アプリを起動するとアイコンを大きくしただけのオープニングムービーがお出迎え。

飛べゴリラ オープニング

最初は味気なく感じますが、その後ハマって何度も起動することになるのでこのシンプルさがありがたくなります。
YouTube番組のオープニングも毎日見るから短いほうがいいでしょ?

飛べゴリラ メニュー画面

そしてこれがメニュー画面。
写真ではわかりませんが、このゴリラはずっとプレイヤーを威嚇する動きをしています。
望むところだ。やってやろうじゃねえか。

モードは2つあります。
左が無限モード
右がステージモード
と書いてみましたが具体的な説明があるわけではなく、僕が勝手につけた名前です。

ただこの説明の少なさも何回もやることになることを想定したもの(きっと)
何回も飛行機にのると救命具のアナウンスとか煩わしく感じません?(ほんとはすごく大事)

どちらもルールは一緒。
左右をタップして障害物を避けながらゴリラをより遠くまで飛ばすだけ。
飛ばすだけと書きましたが、ゲームがスタートするとゴリラはすでに飛んでいます。動力源はわかりません。
冒頭で紹介したゲームの説明文によると「空をとびたいゴリラのクソゲー」との事なので自発的に飛んでいるようです。
良かったです。不本意に飛ばされているのならゴリラの飛距離を伸ばすことがゴリラの幸せにつながらないからです。

ひよこ襲来

ステージモードはゴールが決まっており、クリアすると新しいステージが出現します。
無限モードはゴールがないので障害物にぶつかるまで続きます。

僕がハマったのは無限モード
新しい障害物が自動的に生成され、永遠にゴリラを飛ばし続けることができます。
しかし幸せと同じように無限モードも長くは続かないのです。

ゴリラのスピードはどんどん早くなり、障害物にぶつかるリスクが増えます。
ちなみに障害物とはメニュー画面で仲良く並んでいたひよこも含まれます。
おそらくもともと三匹は親友同士だったのですが、ゴリラがチームを抜けたいと言い出したところから始まるストーリーでしょうね。
愛情とは一番憎しみに変わりやすい感情です。

ひよこ襲来

なかでもこのひよこが厄介。こやつ左右に動くんですよ。
このゲームにハマってからというものカップヌードルの玉子すら避けて食べてしまう毎日。

台座のようなものに鎮座する豚

豚は動かずになぜか台座のようなものに鎮座しています。
大して怖くはありませんのでカップヌードルの謎肉は以前と同じように食べています。

集え!サウナー

さて、そのようにしてゴリラを飛ばした先に何が待っているのか。
ガチャでございます。
このガチャのシステムが画期的。

ガチャで出てくるのは新ゴリラやレアゴリラなどよくある感じなんですが、そのガチャを引くためにはダイヤが必要です。
ダイヤは通常のステージにときどき落ちていてそれを集めていくこともできるのですが、もう一つ手に入れる方法があります。
それが「ふくびき」。
この「ふくびき」がすごい!

ふくびき

ふくびきはステージ上にたくさんあるバナナをゴールドに変換することで引けるようになります。
そして新井式回転抽選器(ガラガラの正式名称です。今調べました)を回すことで、ダイヤが出てくるんですが
この新井式回転抽選器がほんとにハズレ無し。ハズレのように見える灰色の玉は出るたびにバナナの為替相場が上がるのです。
どういうことかといいますと1バナナ=1Gだったのが、1バナナ=2Gになるということ。

バナナの為替相場が上がる

これが楽しくってしょうがない。さらにゴールドを使って新井式回転抽選器を強化することもできて、1回転で出てくる玉の数を増やすことができます。
これをすることにより、当たったゴールドでまたふくびきを回すというループに入り、3分くらいふくびきを回し続けることができるのです。

その状態(僕はゾーンと呼んでいます)に入ると脳内物質がドバドバでます。なんの物質かはわからないけど!

ゾーンに入ると新ゴリラのことなどどうでも良くなりただただ新井式回転抽選器から放出される玉をウットリ見つめるだけの時間が訪れます。
サウナーたちがこよなく愛す「整う」という感覚に似ています。
想像してみてください。家で指をくるくる回しているだけで派遣会社の時給が上がり続ける世界を。
整っちゃうでしょ?

そしてゴールドがなくなると、たまったダイヤで新ゴリラガチャを引くわけでもなく
上がった時給で働くために無限モードに繰り出して叫ぶのです。

「飛べぇぇぇぇえええ!!!!!!!ゴリラァァァアアア!!!!!!!」

このゲームの醍醐味はゴリラ飛ばしでも新ゴリラ集めでもなく
ふくびき」だと、僕は思いました。

まとめ

このゲームの評価(10点満点!)

【電車乗り過ごす度】…8点
【ゴリラとヒヨコと豚の縮尺】…0点
【ガチャエクスタシー度】…10点

ゲーム情報

飛べゴリラ

飛べゴリラ

Kazutaka Tottori無料posted withアプリーチ

 

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします

Twitter で

浅井企画ゲーム部のスマホゲーム紹介カテゴリの最新記事