次々登場する「デジカメスマホ」、レンズ交換式の本命「YN455」が登場|山根康宏のワールドモバイルレポート

次々登場する「デジカメスマホ」、レンズ交換式の本命「YN455」が登場|山根康宏のワールドモバイルレポート

中国のカメラメーカーであるYongnuoからAndroidスマートフォン機能を搭載したデジタルカメラYN455」が発売になった。カメラの画素数は2000万画素。正面から見るとその外観は普通のデジカメにしか見えず、レンズマウントはマイクロフォーサーズで市販のレンズが使用できる。オリンパスとパナソニックも同規格に対応しているため、両者のレンズも利用可能だ。価格は3888元、約6万6000円である。

中国メーカーから出てきたデジカメ「YN455」
中国メーカーから出てきたデジカメ「YN455」

背面にはデジカメとしては大型の5インチディスプレイを搭載。しかもチルト機構により角度を変えられる。ここまで大きいディスプレイを搭載するデジカメは他にはなかなかないが、それもそのはずでYN455はこのディスプレイ部分を通してAndroidスマートフォンとして使えるのだ。
OSはAndroid 10を搭載しており、Androidアプリのインストールが可能だ。ただし中国販売品のためグーグルサービスは非搭載のようである。とはいえこのあたりは裏技もあり、非公式かつ自己責任でInstagramやFacebookといったアプリを入れることもできないことはない。

デジカメとは思えぬ大型ディスプレイを搭載。YN455はスマホなのだ
デジカメとは思えぬ大型ディスプレイを搭載。YN455はスマホなのだ

YN455の最大のメリットはAndroid OSで動くスマートフォンながらもデジタルカメラのレンズを自由に付け替えて利用できることだろう。最近のデジタルカメラはスマートフォンとの連携機能を強化しているものの、撮影した写真をその場で加工してSNSにアップする、という用途には向いていない。またクラウドに写真を直接アップロードする機能も持っていない。デジタルカメラのWi-Fiをスマートフォンと接続し、スマートフォン経由で通信する必要がある。

一方、スマートフォンもカメラメーカーと協業した製品が次々と出てきており、写真のクオリティーも各段に上がっている。またソニーのXperia 1シリーズのようにデジタルカメラとほぼ同じユーザーインターフェースを搭載し、カメラと同じ使い勝手で写真撮影できるスマートフォンもある。しかしどの製品もスマートフォンであり、レンズ交換ができないために超望遠撮影や、本格的なボケ撮影などは難しい。

カメラメーカーと協業したスマホが増えている
カメラメーカーと協業したスマホが増えている

YN455なら撮影シーンに合わせてレンズを交換できるうえに、撮影後の写真は内蔵された4Gモデムを使ってクラウドに自動的にバックアップできる。またLightroomなど写真加工アプリを入れて色合いを変えたりリサイズすることも簡単だし、加工後はそのままSNSへのアップもできる。

デジカメなのにアプリを入れることも可能だ
デジカメなのにアプリを入れることも可能だ

さらには単体でライブカメラとしても使えるので、ライブ配信もデジタルカメラの高画質なレンズを使って行うことができる。背景をぼかしたライブ映像をYN455なら単体で流せるのだ。このようにYN455はデジタルカメラとスマートフォンのカメラの不満点を解消できる「究極のカメラスマホ」と言える製品なのである。

スマホとは思えぬカメラのユーザーインターフェース
スマホとは思えぬカメラのユーザーインターフェース

もちろんスマートフォンとしては本体は大きいし、デジタルカメラとしてはキャノンやニコンのレンズが直接使えないなど物足りない部分もある。ちなみにYongnuoは互換レンズを多数出しているメーカーであり、YN455の前モデル、「YN450」はキャノンEFマウントレンズに対応していた。キャノンのレンズを取り付けることのできるスマートフォンだった。豊富なキャノンのレンズ資産を利用できることでYN450は一躍人気になるかと思われたが、販路が限られるなど試作品的な立ち位置に留まり、後継機としてマイクロフォーサーズ規格の「YN450M」も出たものの商業的な成功は収められなかった。

キャノンレンズ対応のYN450
キャノンレンズ対応のYN450

YN450が出たのは2019年春で、当時はまだデジタルカメラはカメラであり、スマートフォンのように使うことはあまり考えられなかった時代だった。今流行りのVLOGもようやくブームになりだした頃で、YN450の登場は早すぎたのだろう。ちなみにソニーのVLOGカメラ「VZ-1」が発売されたのは2010年の5月だ。YN450も発売があと1年遅ければ大きな話題になったに違いない。

YN455はYN450をカメラとしてより使いやすいよう、グリップも付けるなど本体形状も変更された。またPCに接続してライブカメラとして使えるWEBカメラ機能も搭載している。今の時代に求められる機能を搭載したことで、YN455を求める人は多いかもしれない。現時点ではまだ中国のみの販売だが、グローバル向けにグーグルサービスを搭載して販売してほしいものだ。

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします

Twitter で

山根康宏のワールドモバイルレポートカテゴリの最新記事