手のひらサイズのプロジェクター「RICOH Image Pointer GP01」一般販売開始。会議にもプライベートにも、どこでも手軽に情報共有!

手のひらサイズのプロジェクター「RICOH Image Pointer GP01」一般販売開始。会議にもプライベートにも、どこでも手軽に情報共有!

オフィスだけではなく、自宅にカフェ、コワーキングスペース。働き方も働く場所も多様で柔軟になった今、場所を取らないコンパクトなプロジェクターにも注目だ。

株式会社リコーは、 スマートフォン等の画面を投影し、複数の人と写真や情報を手軽に共有することができるポケットサイズの小型ハンディプロジェクター「RICOH Image Pointer GP01」を12月15日よりECストアにて販売する。
本製品はリコーの新規事業創出の取り組みから生まれ、2020年にリコー初のクラウドファンディングテーマとして多くの支援をいただいた製品を一般向けに販売するもの。

現在ECストアにて予約受付中で、先着100名にオリジナルポーチをプレゼントするキャンペーンを実施している。
RICOH Image Pointer ECストア

RICOH Image Pointer GP01
「RICOH Image Pointer GP01」

コロナ禍で進んだ、リモートでのコミュニケーション。対面コミュニケーションの価値や意義が問われる中、「RICOH Image Pointer」はリアルでの新しい体験価値を提案するコミュニケーションツールとして登場する。

投影したい映像は、待機状態からボタンひとつですぐに投影可能。手持ちで使用することを前提としているため、一般的な据え置き型プロジェクターにある冷却ファンを搭載しないファンレス設計となっており、ファンが動作することによる風や音が発生しないとのこと。バッテリーを内蔵し、Wi-Fi接続にも対応しているため、各種ケーブル不要で場所を選ばず使用できる。

スマートフォンの画面を机や壁・天井・床などに投影し、複数人で画面や撮影した写真の共有が可能。レストランやカフェなどオフィス外での打合せや簡易プレゼンテーション、施設の案内情報を投影するなどのビジネス利用のみではなく、プライベートでも家族や友人間で写真や映像データ、ビデオ通話を共有するなど、幅広いシーンでの活用が期待できそうだ。

背景

「RICOH Image Pointer」は、 スタートアップ企業や社内外の起業家の成長を支援して事業共創を目指すリコーのプログラムである「RICOH ACCELERATOR(現・TRIBUS)」において、2019年度の社内外の審査者による選考で選出されたテーマ。

本製品は家族や友人、仕事の打ち合わせなど、複数人が集まる場で、一緒に同じ画面を見て、情報や感動をリアルタイムに分かち合いたいという商品開発担当者の思いから誕生した。2020年春に実施したクラウドファンディングでは約3200万円の支援を集め、2021年5月に支援者のもとへ届けられたという。

新製品 「RICOH Image Pointer GP01」の特長

1.スマートフォンの画面をかんたんに投影

RICOH Image PointerとスマートフォンやタブレットなどをWi-Fiでつなげることで、かんたんに画面を投影。アプリケーションもケーブルも不要のため、共有したいタイミングですぐに共有することが可能。机、壁、床などに投影することで、お気に入りの写真や動画も大きな画面でシェアできる。

※HDMI-microによる有線接続にも対応

2.見せたい時にボタンひとつですぐ投影

映像投影のOn/Offを切り替える「投影キー」を搭載し、RICOH Image Pointerとスマートフォンとを接続状態のまま、投影Offの待機設定にすることが可能。見せたいときには待機状態からボタンひとつですぐに投影できる。

3.冷却ファンがないから、手持ちも快適

ファンレス設計でファンによる不快な温風が出ないため、手で持っても安心。また、ファンの動作音も出ないので静かな環境でも気にならない設計となっている。

4.手持ちで使える、小さいポケットサイズ

手持ちで使うことを前提とし、軽さ205gでポケットに入る大きさを実現。手で持ちやすいデザインとも相まって携帯性を高めている。

今後の展開

リコーは今後、クラウドファンディング支援者および本製品に興味を持つ方が参加できるイベントの開催などの取り組みを通じて、お客様との共創によってさまざまな用途の検討、ならびに市場の開拓を進めていく、としている。

RICOH Image Pointer ECストア

「RICOH Image Pointer GP01」の主な仕様

 

「RICOH Image Pointer GP01」の主な仕様

*1:出荷時における本製品の全体的な平均値で、 JIS X6911:2015データプロジェクターの仕様書様式に則って記載しており、 測定方法・測定条件については、 附属書に基づいています。*2:Wi-Fiは、 Wi-Fi Allianceの登録商標または商標です。*3:HDMI、 HDMIロゴ、 およびHigh-Definition Multimedia Interfaceは、 HDMI Licensing Administrator, Incの商標または登録商標です。

・その他記載の商品名、 会社名は各社の商標もしくは登録商標です。
・仕様、 デザインなどは予告なく変更する場合があります。

リコーグループについて

リコーグループは、 お客様のデジタル変革を支援し、 そのビジネスを成功に導くデジタルサービス、印刷および画像ソリューションなどを世界約200の国と地域で提供しています(2021年3月期グループ連結売上高1兆6,820億円)。
imagine. change. 創業以来85年以上にわたり、お客様の“はたらく”に寄り添ってきた私たちは、これからもリーディングカンパニーとして、“はたらく”の未来を想像し、ワークプレイスの変革を通じて、 人々の生活の質の向上、さらには持続可能な社会の実現に貢献してまいります。
詳しい情報は、こちらをご覧ください。

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします

Twitter で

Newsカテゴリの最新記事