男性クリエイターの出店希望が多い「ZOZOMARKET」

男性クリエイターの出店希望が多い「ZOZOMARKET」

zozomarket開始

大手服飾ECサイトのzozotownが、新しくユーザーが自分たちで作った手作りアイテムを出展できるZOZOMARKETを2014年1月15日にオープンさせます。それに伴い、いま出展者の募集を開始しました。そこで、どんなユーザーが、このサービスに興味を持っているのでしょうか?

ファッションユーザーとして購入したいのはやっぱり女性

実際にこのサービスを利用して、いろいろなアイテムを購入したいかをヒアリングしたところ、女性は51%が使っていたいと答えたのに対して男性は45%だった。やはりファッション系のアイテムの購入となると、男性よりも女性の方が強い傾向を見せた。

購入したユーザーは女性が優勢

 

でもクリエイターは男性有利?!

では反対に出店したいユーザーの性別はどうなのだろうか?調べてみると、女性が26%なのに対して男性が41%と男女が逆転していた。

出店したいのは男性有利

 

4人に1人以上が出店したいとおもうのはFabの影響?

アクリル樹脂を使って平面的な印刷ではなく3Dの製品を作る事ができる「3Dプリンター」や、レーザーカッターを使って木やアクリルを立体的に切断と彫刻が出来る「レーザーカッター」など、「ものつくり(FABrication)」をするツールが低価格で利用できるカフェなどが昨年からでてきました。

特に3Dプリンターなどは数百万円していたものが現在は、10万円台後半で購入する事ができるようになりました。また、DMM等でも委託する事が可能です。これにより自分好みのスマートフォンカバーなどを作る事が可能なってきました。

10万円台後半で購入できる3Dプリンター

fab用品が使えるカフェ:fabcafe http://tokyo.fabcafe.com/

DMM:http://make.dmm.com/about/

これらの風潮が服飾といったカテゴリを超えて、アイテムとして販売できるこのサービスは男性の出店希望を望むユーザーを増やした要因の一因になっているのかもしれません。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします

Twitter で

Web調査結果カテゴリの最新記事