【悲報】世界のスマホ出荷台数が10億台を突破!国産スマホは?

【悲報】世界のスマホ出荷台数が10億台を突破!国産スマホは?

日刊ポスたま
a0002_010304_m

みなさん、こんにちは。座布団と幸せを運ぶ内田でございます。

IDC の調査結果によると、2013 年、世界のスマホ出荷台数が初めて 10 億台を突破したという。気になる OS 別の販売台数、国産スマホの現状は?

Android が貢献

Android は 2013 年を通して好調を維持し、出荷台数は計 7 億 9,360 万台(市場シェアは、78.6%)に達した。一方、iOS の出荷台数は計 1 億 5,340 万台(市場シェアは、15.2%)。両 OS の出荷台数シェアは、2013年 の Q4 が 95.7%、2013 年が 93.8%。2013 年は Android, iOS の二強が勢力を拡大した年といえるだろう。

Android の市場シェアは前年比で 9.6% 拡大した。一方、iOS のシェアは 3.5% 縮小した。第三の勢力のひとつである Windows Phone は、市場シェアは 1% の拡大に留まっているが出荷台数は 1,750 万台から 3,340 万台へとほぼ倍増している。創業者であるビル・ゲイツの復帰で更に攻勢を強めるかもしれない。

Android ベンダーとしては、サムスンが突出した業績を残している。2013 年に出荷された Android スマホのうち、実に 39.5% がサムスン製だった。Huawei や LG も好調だったようだが、一人勝ちと言っても過言ではないだろう。なお、Windows Phone のトップベンダーは Nokia で市場シェアは 89.3% だった。

国産スマホの国内出荷台数は減速

世界的に好調だった Android 陣営。国産スマホの国内出荷状況はどうだったのだろうか。

JEITA の調査結果によると、2013 年、国産スマホの国内出荷台数は 1,318 万 8,000 台で前年比 83.7% と大きく落ち込んだ。スマホの国内出荷台数が前年割れしたのは初めてだという。一方、フィーチャーフォンや PHS を含めた国内出荷台数も 2,379 万 3,000 台で前年比 85.1 % と 3 年連続でマイナスとなった。

NTT ドコモの iPhone 参入、携帯電話キャリア 3 社による iPhone のゴリ押し戦略が大きく影響を与えているとはいえ、何とも寂しい数字である。VAIO 事業の売却を決めたソニーがスマホ・タブレットに集中すると発表したが、遅きに失した感が否めない。世界のソニーを含めた国産スマホの復権はあるのだろうか。

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします

Twitter で

日刊ポスたま(休刊)カテゴリの最新記事