地震対策といえば食料の備蓄。防災用スマホアプリの使用率はまだ低い。

地震対策といえば食料の備蓄。防災用スマホアプリの使用率はまだ低い。

地震対策といえば食料の備蓄。防災用スマホアプリの使用率はまだ低い。

本日未明に瀬戸内海で震度5強の地震が発生した。なんと、予知していたように「防災について」の意識調査を行っていたのでご紹介したい。

食料の備蓄の意識は高い

地震発生後はコンビニなどの食料品がなくなってしまう。そのため、交通網が復旧し、配達が行われるまでの食料が必要だ。調査の結果、水などの食料品の備蓄をしている人は全体で58%、中・四国地方が30%、東北地方が70%となった。

▼水や食料などの蓄えをしていますか
水や食料などの蓄えをしていますか

災害時の連絡用アプリは使われていない

災害発生時は被災地域内における電話がつながりにくくなるため、別の手段を取る必要がある。
SOS」などの緊急時に連絡をとるアプリがあるが、実際にアプリいれている人は全体で12%と少なかった。その中でも中・四国地方は全くいないという結果になった。

▼災害時に家族や友人と連絡がとれるアプリをいれていますか
災害時に家族や友人と連絡がとれるアプリをいれていますか

 東北地震で予備バッテリーの必要性が高まった

スマホのアプリを準備しても、充電が切れてしまったアウトだ。そのために、予備バッテリーを準備しておくことが必要である。
予備バッテリーを準備している人は全体で43%だった。
さらに、バッテリーの準備している人に購入時期を訪ねると、東北地方は約60%1~2年以内に購入しており、地震の経験をきっかけに準備していることがわかった。

▼モバイルバッテリーの購入時期を教えてください
モバイルバッテリーの購入時期を教えてください

実際に私も新潟県中越地震を経験している。その経験をへて防災への意識が変化し、備えを行うようになった。実際に経験しないと意識することは難しい。しかし、本日のように地震などの災害はいつ起こるか分からない。この調査記事が少しでも防災意識の向上へつながれば幸いである。

最後に今回の地震よる被害が少ないことを祈り、記事を締めくくりたいと思う。

<調査概要>
・調査方法:インターネットリサーチ
・調査対象:227名
・実施日時:2014年3月7日(木)~2014年3月12日(火)
・調査機関:ポストコ

ローデータを公開中、お問い合わせはこちら

おすすめの人気記事

キッズケータイの認知度は70%。「小学生以下」で携帯を持たせたい親は40%以上という結果。
課金率25%だが、ガチャ満足度は32%!(ソーシャルゲーム業界)
9割の人が知っているけど、あまりやった事がない!カットモデルの実態とは?
歓送迎会の出欠は、LINE・Facebookで行うと出席率が高くなるという調査結果に・・!
【最新データ!】ニッチSNSほどユーザーが毎日見ていることが判明!

その他のおすすめ記事まとめ(随時更新)はこちら

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします

Twitter で

Web調査結果カテゴリの最新記事