TAG

ICT教育

  • 2022年6月13日

海外トップ大学の授業が学べるAsuka Academy 第5回「翻訳プロジェクトを通じた未来人材の育成」(田名部教授インタビュー)|上松恵理子のモバイル教育事情

海外トップ大学のオープン講座をネットで日本語で、無料で学べるAsuka Academy(アスカアカデミー)。このAsuka Academyに関わっている方々のインタビューを通して全6回構成でご紹介する […]

  • 2022年5月26日

海外トップ大学の授業が学べるAsuka Academy 第4回「データドリブンの時代が来た」(深澤理事インタビュー)|上松恵理子のモバイル教育事情

海外トップ大学のオープン講座をネットで日本語で、無料で学べるAsuka Academy(アスカアカデミー)。このAsuka Academyに関わっている方々のインタビューを通して全6回構成でご紹介する […]

  • 2022年5月18日

海外トップ大学の授業が学べるAsuka Academy 第3回「アメリカ導入時の状況からみたオープンエデュケーション」(青木理事インタビュー)|上松恵理子のモバイル教育事情

海外トップ大学のオープン講座をネットで日本語で、無料で学べるAsuka Academy(アスカアカデミー)。このAsuka Academyに関わっている方々のインタビューを通して全6回構成でご紹介する […]

  • 2022年4月27日

海外トップ大学の授業が学べるAsuka Academy 第2回「スキルアップへの活用とは」(中村理事インタビュー)|上松恵理子のモバイル教育事情

海外トップ大学のオープン講座をネットで日本語で、無料で学べるAsuka Academy(アスカアカデミー)。このAsuka Academyに関わっている方々のインタビューを通して全6回構成でご紹介する […]

  • 2022年4月19日

海外トップ大学の授業が学べるAsuka Academy 第1回「MOOCの進化とオンライン教材の今」(重田理事インタビュー)|上松恵理子のモバイル教育事情

海外トップ大学のオープン講座をネットで日本語で、無料で学べるAsuka Academy(アスカアカデミー)。このAsuka Academyに関わっている方々のインタビューを通して全6回構成でご紹介した […]

  • 2022年3月2日

社会と繋がり児童が輝くICT教育(後編)-印西市立原山小学校の取り組み-|上松恵理子のモバイル教育事情

前編に引き続き、印西市立原山小学校の松本校長へのインタビューをお届けする。前編では、ICTを全ての教育活動の基盤として活用すること、持続可能な視点での学びや、子どもたちが自主的・自律的にICTを活用す […]

  • 2022年2月28日

社会と繋がり児童が輝くICT教育(前編)-印西市立原山小学校の取り組み-|上松恵理子のモバイル教育事情

今回は千葉県印西市にある印西市立原山小学校に伺った。校長の松本博幸先生には、筆者が総務省プログラミング教育推進会議の委員や、ICT教育における超党派議連のアドバイザーを務めた時代から、講演をお願いした […]

  • 2022年1月19日

「学歴よりもスキルと学習歴」の時代へ ~IT人材育成モデル「P-TECH」とは~【後編】|上松恵理子のモバイル教育事情

前編ではP-TECHのステークホルダーと連携と共創について述べた。今回の後編ではそのメリットについて述べたい。 教育に関わることが企業にとってのメリット 産官学で取り組むプロジェクトは企業にとってどの […]

  • 2021年11月26日

つくる楽しさと成功体験でクリエイターを育むアプリ「スプリンギン」開発に込めた想い(後編)|上松恵理子のモバイル教育事情

前編はこちらからご覧ください。 建築からデザインへ 上松:前編では中学校までのお話を伺いましたが、やはり創ることが大好きで建築学を目指したということでしょうか。群馬県には男子校、女子校という進学校のイ […]

  • 2021年11月25日

つくる楽しさと成功体験でクリエイターを育むアプリ「スプリンギン」開発に込めた想い(前編)|上松恵理子のモバイル教育事情

今回は株式会社しくみデザイン代表取締役であり、芸術工学博士である中村俊介さんにインタビューしました。 中村さんは自らクリエイターとして起業し、その経験からすべての人をクリエイターにしたいという思いで「 […]

  • 2021年10月19日

教育を創造的なものにしたい!プログラミング教育が学びを変える – SOZOWが目指す未来 -【後編】|上松恵理子のモバイル教育事情

オンラインの学び場である「SOZOW」を作られた小助川 将さんへのインタビュー、後編をお届けする。 「LITALICOワンダー」との出会い 上松:前編では教育に疑問を持った経緯について教えていただいた […]